上白石萌歌、大苦戦した沖縄民謡歌手の歌子役。猛特訓した三線は今では“お友達”

公開: 更新: テレ朝POST

1月5日(木) の徹子の部屋に、上白石萌歌が登場する。

2022年、連続テレビ小説『ちむどんどん』でヒロインの妹役を演じお茶の間の注目を集めた上白石。

鹿児島県出身ではあるが、“沖縄民謡歌手”の歌子役には大変苦労したそう。

何よりも大変だったのは、三線を弾きながら歌うシーン。猛特訓の末マスターした三線は、撮影が終わった今では“お友達”だとか。

黒柳徹子のリクエストに応えて、スタジオで『娘ジントーヨー』を熱唱する。

そして、教師である父の夢「海外で教えてみたい!」に同行して、家族で3年間を過ごしたメキシコでの生活ぶりにスペイン語も披露。

また、秘蔵映像「10歳の半成人式」を見ながら、当時の“理由なき自信”に満ちた日々を振り返る。

※番組情報:『徹子の部屋
2023年1月5日(木)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中