新日本プロレスの頂上対決!“50周年を背負う男”オカダ・カズチカ、アントニオ猪木さんの想いも胸に王座奪還へ

公開: 更新: テレ朝POST

1月4日(水)、新日本プロレス『WRESTLE KINGDOM 17 in 東京ドーム』がついに開催。

ダブルメインイベントII(第9試合)では、王者ジェイ・ホワイトと『G1 CLIMAX 32』覇者オカダ・カズチカがIWGP世界ヘビー級選手権で対戦する。

2人の遺恨は5.1福岡PayPayドーム大会まで遡る。

当時IWGP世界ヘビー級王者のオカダは、4度目の防衛戦で内藤哲也との試合に勝利。しかし試合後、ジェイが登場してブレードランナーでオカダをKOに追い込むと、BULLET CLUBがリング上を占拠する事態に。

そして6.12大阪城で開催された王座戦ではジェイがオカダに激勝。以降、ジェイ政権としてBULLET CLUBが勢力を拡大することになった。

その後、オカダは雪辱を誓い、『G1 CLIMAX 32』で見事に連覇&通算4度目の優勝を達成。1.4東京ドーム大会メインイベントの切符を手に入れた。

一方のジェイは、6.26シカゴ『AEW x NJPW: Forbidden Door』でオカダ、アダム・コール(AEW)、ハングマン・ペイジ(AEW)とIWGP世界ヘビー級選手権試合4WAYマッチを行い、最後はコールからフォール勝ちを収めて初防衛。

10.10両国大会で行われたIWGP世界ヘビー選手権では、タマ・トンガと対戦。試合は31分を越え、一進一退の攻防の末にジェイがブレードランナーでタマを撃破し、2度目の防衛に成功した。

その試合後、ジェイが延々とマイクアピールをするなか、先に東京ドームの切符を手にしていたオカダが登場。「これからの時代、誰が引っ張っていくかって、それを来年の東京ドームで決めようぜ」とジェイにあらためて宣戦布告した。

ジェイはバックステージで、「その試合が終わったとき、お前と俺の戦績は1勝5敗になる。変わらずIWGPのベルトはこの俺のものなんだ」「お前は2023年の始まりをまたゼロからやり直すんだな」と不敵にコメント。

一方、今大会がアントニオ猪木さんの追悼大会になったことに関して、「追悼大会になるんであれば、猪木さんとしっかりとリング上で挨拶して、しっかりとお見送りできたらいいかなと思います」と創始者への想いを語っており、その意味でも負けられない一戦となりそうだ。

いよいよ実現する、IWGP世界ヘビー級王者と『G1 CLIMAX 32』覇者の頂上対決。新日本プロレス50周年の締めくくりとなるドーム決戦で最後にベルトを掲げるのは、“唯一無二の5冠王者”ジェイか? それとも“新日本の50周年を背負う男”オカダか?

◆対戦カード

・第0-1試合 エキシビションマッチ
大岩陵平(本隊) vs. ボルチン・オレッグ(本隊)
※午後3:20開始予定
・第0-2試合『KOPW 2023』進出権争奪ニュージャパンランボー
※参戦選手数とルールは後日発表
・アントニオ猪木メモリアル6人タッグマッチ
真壁刀義(G・B・H)&小島聡(本隊)&永田裕志(青義軍) vs. 藤波辰爾(DRADITION)&鈴木みのるタイガーマスク(本隊)
※午後4:20開始予定

・第1試合 IWGPジュニアタッグ選手権試合
[挑戦者]YOH(CHAOS)&リオ・ラッシュ(CHAOS) vs. [王者]TJP&フランシスコ・アキラ(UNITED EMPIRE)
・第2試合 IWGP女子選手権試合
[挑戦者]中野たむ(STARDOM / COSMIC ANGELS) vs. [王者]KAIRI(フリー)
・第3試合 IWGPタッグ選手権試合
[挑戦者]後藤洋央紀&YOSHI-HASHI(CHAOS) vs. [王者]ダックス・ハーウッド&キャッシュ・ウィーラー(AEW)
・第4試合 『NJPW WORLD認定TV王座決定トーナメント』決勝戦
成田蓮(本隊) vs. ザック・セイバーJr.
・第5試合 NEVER無差別級選手権試合
[挑戦者]タマ・トンガ(GUERRILAS OF DESTINY) vs. [王者] “ザ・マシンガン”カール・アンダーソン(WWE / The OC / BULLET CLUB)
・第6試合 武藤敬司新日本プロレスラストマッチ
武藤敬司(PROWRESTLING NOAH)&棚橋弘至海野翔太(本隊) vs. 内藤哲也&SANADA&BUSHI(LOS INGOBERNABLES de JAPON)
・第7試合 IWGPジュニアヘビー級選手権試合 4WAYマッチ
[挑戦者]マスター・ワト(本隊) vs. [挑戦者]エル・デスペラードvs. [挑戦者]高橋ヒロム(LOS INGOBERNABLES de JAPON) vs. [王者]石森太二(BULLET CLUB)
・第8試合 ダブルメインイベントI レック Presents IWGP USヘビー級選手権試合
[王者]ウィル・オスプレイ(UNITED EMPIRE) vs. [挑戦者]ケニー・オメガ(AEW / The Elite)
・第9試合 ダブルメインイベントII IWGP世界ヘビー級選手権試合
[挑戦者]オカダ・カズチカ(CHAOS) vs. [王者]ジェイ・ホワイト(BULLET CLUB)

※大会情報:『WRESTLE KINGDOM 17 in 東京ドーム』
2023年1月4日(水)午後2:45開場 午後5:00開始
東京・東京ドーム
チケット購入はこちら

※放送情報:
ワールドプロレスリングLIVE2023 アントニオ猪木追悼大会 WRESTLE KINGDOM 17 in 東京ドーム~闘魂よ、永遠に~』(生中継)
2023年1月4日(水)午後5:00~、CSテレ朝チャンネル2

アントニオ猪木追悼大会 新日本プロレス50周年 1.4東京ドーム ワールドプロレスリングSP
2023年1月4日(水)深夜1:45~、テレビ朝日(一部地域を除く)

◆公式動画配信サービス「新日本プロレスワールド
2023年1月4日(水)午後3:20~