独特の世界観にメンバーからも悲鳴!? ももクロの4人がメトロンズのコントを満喫!

公開: 更新: テレ朝POST

「ももクロちゃんと、〇〇!」をキーワードに、ももいろクローバーZがさまざまなモノや人と出逢い、新たな発見をする“アンコントロールバラエティ”ももクロちゃんと!

今回のテーマは「2023年にバズる芸人ユニットを先取りしよう!」。前回、いとうせいこうさんの推薦で出演したダウ90000が大ブレイク。ももクロと即興コントを繰り広げるなど、まさにブームの先取りを果たした放送となった。

今回、そんな噂を聞きつけて駆けつけたのは「メトロンズ」。しずるライスサルゴリラの実力派コント師3組に、作家・演出家の中村元樹を加えた7人組演劇ユニットだ。「それぞれは知ってるんですけど、みなさんで1チームなんですか?」と玉井詩織もやや困惑気味。

実はこの3組は吉本の芸能学校・東京NSCの同期生。2019年に演劇ユニット「メトロンズ」を立ち上げ、ライブなどで活動している。

Twitterのフォロワー数は約1500人と、やや不安があるが…。「数字には出てないけど、まだ見つかってないだけ」と、しずる村上純は熱く語る。お笑いファンなら、知る人ぞ知る実力派ユニットだ。

ももクロの4人が興味を持ち始めたところで、メトロンズが自分たちのすごさを自らアピール。ひとつめは「演技が全員うまい」。

しかし、サルゴリラ赤羽健壱だけは「(演技に)かわいさが出てしまって、演出家から指摘される」という。「(アイドルの)私たちでも『かわいさが出てるよ』とはあんまり言われない」と佐々木彩夏も関心を持っている様子。

さっそく、サルゴリラ赤羽の演技をチェック。強盗に襲われるシーンでも「ああ〜」とかわいいポーズをとってしまうなど、たしかにシリアスな場面とはミスマッチだ。

「顔のまわりに手を置くとかわいく見えちゃいますよ」と百田夏菜子のアドバイスにみな納得の様子。さすがアイドルである。

続いてメトロンズのすごいところとして挙げられたのが「同業者から評判がいい」。「次回作も絶対観に行くよ!」と芸人たちからは大評判で、渡辺直美東京03飯塚悟志なども公演に足を運んでいるという。

しかし、玉井の「でも、さとし(東京03飯塚)はメトロンズさんのこと(私たちに何も)言ってなかったですよ」という悲しいコメントに、メトロンズもガッカリした様子。

気を取り直して、いよいよメトロンズがコントを披露。完成度の高いストーリーと、独特の世界観に、思わずメンバーからは悲鳴が上がる。

しかし、最後まで観ると百田は「めちゃくちゃ楽しかったです!」と大満足の様子。今後のメトロンズとももクロのコラボにも期待したい。

※番組情報:『ももクロちゃんと!
2022年12月3日(土)深夜3:25~、テレビ朝日

※『ももクロちゃんと!』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中