いま最も勢いのある8人組、ダウ90000!アンタ&サンドもその若き才能に「スゴイ!」

公開: 更新: テレ朝POST

11月22日(火)の証言者バラエティ アンタウォッチマン!では、「今、最もチケットが取れない」といわれる人気8人組ユニット、ダウ90000にスポットを当てる。

スタジオには主宰の蓮見翔をはじめメンバーが登場。さらに、彼らのネタに魅せられたテレビプロデューサー・佐久間宣行、俳優・井之脇海が“ウォッチマン(証言者)”としてVTR出演する。

ダウ90000は、日本大学芸術学部出身のメンバーを中心に2020年に結成された21~25歳の男女8人組。

活動期間わずか2年にもかかわらず、“演劇”と“お笑い”の2つの分野で結果を出している。

“演劇”では、今年10月に行われた最新公演が完売。“お笑い”では、「第43回ABCお笑いグランプリ」でコントを披露したところ、並みいる芸人たちを抑え決勝進出。『キングオブコント2022』でも準々決勝まで進出を果たした。

しかし、結成当初から見守ってきたファンによると、この活躍は今に始まったことではないという。

佐久間が2020年の初舞台から次々と結果を出し続けてきたダウ90000の衝撃を証言。佐久間は「結果の出し方がエグイ」と評するが、そこまで佐久間を脱帽させた彼らの快進撃とは?

そして、そもそもなぜ“演劇”と“お笑い”の両方をやるのか――佐久間はそこに脚本・演出を一手に担う主宰・蓮見の戦略があると分析するが、蓮見本人の答えは?

また現在、連続ドラマの出演や脚本にも進出しているダウ90000。なぜ彼らはあらゆるエンタメ業界から注目されるのか、その魅力も深掘りしていく。

彼らの公演にも足を運ぶという井之脇が、心をわしづかみにされる蓮見のシナリオのスゴさ、8人だからこそ組み立てられる巧みな構成の魅力を語る。

さらに、蓮見が描き上げる会話劇の面白さ、そしてそれを演じるメンバーの高い演技力が発揮されるコントネタもたっぷり披露。アンタッチャブルサンドウィッチマンも「全員の役割が生きている」「スゴイ!」とうなった若き才能に注目だ。

※番組情報:『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』「ダウ90000SP」
2022年11月22日(火)午後11:50~深夜0:20、テレビ朝日系24局(一部地域を除く)

※『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中