林修が解説!『相棒』から学ぶ、情報をフラットにくみ取る読解術「頭の使い方は現代文と非常に近い」

公開: 更新: テレ朝POST

2000年にスペシャルドラマとして誕生して以来、国民的ドラマとして定着した『相棒』。10月26日(水)には、最新作相棒season21の第3話が放送される。

テレビ朝日では新シーズンのスタートを記念し、「相棒インタビュー企画」を実施。各界の“相棒ファン”の著名人に、同作への熱い思いを語ってもらった。

今回は、東進ハイスクール・東進衛星予備校 現代文講師の林修へインタビュー。

「『相棒』は3大栄養素に近い」と語るほど絶えず“摂取”しているという林に、同作との出会いや印象に残ったエピソード、現代文との共通点などについて聞いている。

◆「『相棒』と現代文は頭の使い方が近い」

偶然にも土曜ワイド劇場で『相棒 pre season』を視聴し、「この刑事ドラマはとってもおもしろいな」と感じたという林。主人公の杉下右京(水谷豊)が東京大学法学部卒という経歴をもつことも気になったようだ。

林:「論理的で緻密な推理というのが全体の特徴ではあるんですけど、当時見ていた(他の)刑事ドラマと一線を画した印象がありました。

東大法学部出の、本来ならば警察庁で幹部として出世していくような杉下右京というキャラが出世などお構いなしにちょっと特殊な部署で、いかにも東大の法学部を出た人がやるような頭の使い方をするのが、どこか好きなのかもしれないですね」

以来、20年以上にわたって『相棒』を追いかけてきた林は、同作を“3大栄養素”にたとえて語る。

林:「ほぼ毎日再放送もありますから、絶えず日常生活に『相棒』を補充できますからね。3大栄養素に近いような、必ず摂取しなきゃいけないものぐらいの感覚です」

予備校で講師も務めている林。担当は現代文だが、『相棒』における推理の仕方と現代文は共通点があると指摘する。

林:「やはり、きちんと現場の情報をくみ取るというのは、本文の内容をきちんと読み取る頭の使い方とかなり近いのではないかと。

僕の担当している現代文では、自分はこう思うと決めつけずに、文章に書かれていることを緻密に、客観的に読み取り、筆者という一人の人間が伝えたいことを素直に受け止めることが必要です。

一方で、右京さんを見ていると、決めつけないで、そこにある情報をフラットに、しかも緻密に論理的に理解して、犯人はこの人しかいないし、この人が犯人ではあり得ないということを正しく判断しています。つまり、情報を丁寧に、集中力をもって読み取り、自分勝手に組み立てないで、実際にあるものを素直に組み立てて、事件を解決していますよね。

こう考えていくと、右京さんの頭の使い方こそ、生徒に見習ってほしいことなんですよ。そのことは、授業でもときどき言いますし、現場つまり本文からすぐ目を離して勝手な暴走をはじめる生徒の成績は、やはり振るいませんから」

◆「一番わかりやすい対比は、なんと言っても初代なんです」

“初代相棒”でもある亀山薫が帰還した最新作『相棒season21』。pre seasonから同作を観続けてきた林は、新シーズンへの期待をこのように話す。

林:「もともとが杉下右京と亀山薫という相棒ではじまっていて、緻密で冷静で論理的な右京さんと、情熱的で行動的で、動物的な直感に秀でた亀山くん。実にシンプルな対比構造で、非常にわかりやすかったと思うんですよ。

2代目の神戸くんの場合はどっちもインテリで、対比というよりも、同じ方向のベクトルだけどちょっと違って、それが一緒に働くとより強くなるというような構造になりました。4代目の冠城さんも、このタイプではなかったかと。

3代目のカイトくんの場合、若い人をベテランが教育していくようななかで、確かにある程度対比は明確だったんですが、成長するにつれてカイトくんが少しずつ右京化して……。それに、最後にとんでもないようになりましたよね。

こうやって見ていくと、初代の対比が一番わかり易かったんですよ。だからそのシンプルな構図で、また話が作られるんだろうなというのが楽しみです」

そんな林は、オススメのエピソードとして「殺人晩餐会」(『season2』第3話)を挙げる。

林:「個人的に好きなのはやっぱりseason2の『殺人晩餐会』。凶器が“あれ”かと(驚きました)。しかも(出演者の)大高洋夫さんというのは、僕が学生時代にずっと追っかけていた第三舞台の大人気主演俳優なんですよ。その大高さんがシェフの役でね。あと、山口美也子さんとか渡辺哲さんが出ていらっしゃって、キャストも豪華。

連絡が取れなくなる状況が不自然じゃないというのが好きなんですよ。無理やり連絡が取れない状況を作る回ってたまにありますよね。(『殺人晩餐会』では)ああ、なるほどな! と非常に納得して。

あと、今回寺脇さん演じる亀山くんが復帰ということで、やっぱり亀山くんの彼ならではの能力が発揮される回でもあるので、『殺人晩餐会』をチョイスしました」

©テレビ朝日・東映

はたして、新シーズンで復帰した亀山はどんな活躍を見せるのか。杉下と亀山のコンビ復活に、林はこのような期待も寄せる。

林:「亀山くんもいろいろ経験してきて、成長してきた部分も織り込まれるでしょうから、2人の相棒がさらにパワーアップしている状況を見せてもらえるといいなと思います」

※番組情報:『相棒season21』第3話
2022年10月26日(水)午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)では、10月1日(土)から、杉下右京と亀山薫、『相棒』の原点ともいえる作品『相棒 pre season 相棒~警視庁ふたりだけの特命係』が無料配信中!ぜひこの機会に2人の最初の事件をご覧ください。さらに、『相棒』過去全シーズン&スペシャルドラマに加え、劇場版、配信オリジナルも配信中。