仲野太賀主演『ジャパニーズスタイル』、豪華共演者が決定!各界を代表するトップランナー集結

公開: 更新: テレ朝POST

テレビ朝日初の“本格シットコム”、仲野太賀主演の土曜ナイトドラマジャパニーズスタイル

10月からスタートする同ドラマでは、主演・仲野が金子茂樹(脚本)、深川栄洋(監督)とタッグを組んで新境地を開拓。さびれた温泉旅館「虹の屋」の玄関とロビー、従業員室・大浴場の入口とエレベーターのみを舞台に、限られた空間で30分間ノンストップの群像劇を繰り広げていく。

このたび、そんな同ドラマに各界を代表するトップランナーたちの参戦が決定した。

(※シットコムとは…シチュエーションコメディの略で、限られた場面設定、登場人物で繰り広げられる連続ドラマのこと)

撮影自体がほぼ“本番一発”の長回しという、演じる側にとってチャレンジングなこの試みに賛同したのは、映画『シン・ゴジラ』(2016年)で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞し話題作に引っ張りだこの個性派女優・市川実日子

そして、ドラマや映画はもちろん、バラエティまで器用にこなしマルチな活動が光る俳優・要潤、実力派コント師でありながら『アメトーーク!』では“しずる池田大好き芸人”として取り上げられるほど芸人から愛されるお笑いコンビ・しずるのKAƵMA、人気シンガーソングライターであり、著名人への楽曲提供を手掛けながら俳優としても個性を発揮する石崎ひゅーい

さらには、元宝塚歌劇団のトップ娘役として知られ『太陽とボレロ』(2022年)で映画初主演を飾った檀れい、劇団「東京乾電池」を結成し、演劇界を牽引、俳優活動は50年を超える大ベテラン喜劇役者の柄本明といった精鋭たちだ。

また、映画『櫻の園』(1990年)でデビューし主演映画『42−50火光』『光復』の公開が控える宮澤美保、子役として活動中にドラマ『女王の教室』で脚光を浴び、現在もバイプレイヤーとして作品を支える松川尚瑠輝といった演技巧者も参加。

仲野曰く「一緒にお芝居をするうえでこんなに頼もしい共演者の方々はいない」と全幅の信頼を寄せる今回の出演陣。彼らが織り成す演技合戦から生まれる“化学反応”が本作の見どころのひとつとなる。

◆市川実日子(寺門・ルーシー・数子役)コメント

今回の企画のお話を聞いたときは「怖い怖い怖い! 絶対ヤダ!」と思いました(笑)。でも、そういう気持ちは、何かに挑戦するときや、見たことのないものに挑むときにいつも生まれます。怖いですが、少し楽しみでもあります。でも…本当に少しだけです(笑)。

ルーシーは“流しのフラメンコダンサー”ですが、役に関しては決めすぎず、お稽古と本番とあるので、今回ならではの役の掴み方をして行けたらと思っています。心地よいルーシー像が見えてきたらいいですね。

本作に登場する人物は可愛らしい、不器用なキャラクターたちばかり。きっと彼らのさまざまな面が回を追うごとに見えてくると思うので、金子さんの脚本が楽しみです。

仲野さんとは3回目の共演となります。加えて、各ジャンルから、いろんな個性の方々が集まっていますので、シットコムの緊張感も相まって相乗効果でどんなことになるのか…。

ほかの現場ではなかなかない、役者同士の連帯感や情も生まれそうですよね。ドラマなんだけど、ドラマじゃない、しかも、撮り直しもしない…緊張感と恐怖感で震えておりますが、誰ひとり予想ができていないことがこれから始まりますので、孫を愛でるような気持ちで(笑)、観ていただければと思います。

◆要潤(影島駿作役)コメント

企画をお伺いしたときに、本当に魅力的なドラマだなと思いました。ここのところ、こういったコメディに出会う機会がなかったので、お話をいただいたときはふたつ返事で「やりたい」と即答しました。もちろん、“ほぼ本番一発撮影”への不安もありますが、実は僕自身、一発本番が好きなタイプなんです。

影島という役は、「虹の屋」の支配人で潔癖キャラ。そこに今回、特徴のある髪型にしてみたり、完璧に見えて実はコンプレックスがあるような見た目にして、キャラクター自体に奥行きを持たせてみました。

太賀くんは、非常に緻密で繊細なお芝居をしてくる役者。でも、どこかしら勢いもあって、こちらの呼吸にも合わせられる。今回はほぼ一発本番ですので、彼の瞬発力はいい感じで生きてくるのではないかと考えています。

それにしても…気を抜いたら食われそうな方々がみごとに揃いましたね(笑)。僕も気合いを入れて臨まないとと思っています。きっと、いい化学反応が起こるんじゃないかなと期待しています。

金子さんの脚本は、リズムがすごくいいですね。それぞれのキャラクターが立っていますし、言葉も独特です。寄りも俯瞰も、両方の視点をお持ちなんだなと感じています。非常にバランスがよくて、まさに『ジャパニーズスタイル』のコンセプトに則った脚本だなと思いました。

近年の若い人たちはYouTubeなど、ドキュメンタリー寄りのメディアを見慣れていると思うんです。そういう意味では、今まで観なかったようなドラマになっていると思いますし、役者としての力量も感じていただけると思います。

今の時代にやるからこそ、新しいものになるんじゃないかと思っています。役者の力と力のぶつかり合いから生まれるエンターテインメントに期待してください!

◆KAƵMA(浮野奏太役)コメント

月並みなのですが、最初にお話を伺ったときはドッキリだと思いました。本読みの段階で、すごく叱られたり、追い詰められたりするのかなぁと。しかし、共演者の方々が揃われたときに、「あ、これドッキリじゃないんだ」と(笑)。そこから緊張しはじめました。

ドラマははじめてですので、本当によくわかっていないのですが、浮野という役に関しては、僕に依頼があったくらいだから、素のままでそんなに作らなくてもいいのかなと思っていました。きっと、僕に合う役をいただいたと思っていたので。

しかし、監督さんから「日焼けをしてくれ」と言われ、眉毛も剃られました。今までやったことのないタイプの役柄だったんです。ですが、どんな役柄でも徹底した役作りでこなすロバート・デ・ニーロが好きなので、眉毛くらい剃っても問題ありません!

なるべく、金子さんの台本通りにお芝居をして、周りに迷惑をかけないようにということだけ心がけますが、金子さんの理想通りにはきっと動けないので、諦めてもらって(笑)。でも、なんとか理想に近づけるように頑張ります!

共演者の方々も、仲野さんをはじめ、テレビで観ていた方たちばかりです。仲野さんはめちゃくちゃ腰が低くて「あんなに売れてるのに…もはや勝てるところねぇな」って思いました(笑)。

皆さん、いい人そうですので、どのくらい僕が混ざっていけるのかは期待したいし、試したいですね。でも、これで爪あとを残そうとか、これで売れるんだ! という気持ちは極力抑えます(笑)。うまい具合に作品の“歯車”になれるようにできたらと思っています!

◆石崎ひゅーい(浅月凛吾郎役)コメント

『ジャパニーズスタイル』への出演が決まったときは、まず、(仲野)太賀とこうやって同じフィールドで仕事ができるのが嬉しいと思いました。

2016年に映画『アズミ・ハルコは行方不明』で共演させてもらって、そこから3年後に菅田(将暉)くんが監督したショートフィルムでも一緒に演技をして。さらに3年を経て今作ですので、3年周期で太賀と芝居をしているなと感慨深かったです。その間、お互いに切磋琢磨してきたと思いますので、また再会できるのが楽しみですね。

個人的には久しぶりのドラマ出演ですので、半分は不安な気持ちもあります。しかも、すごくクセのある役ですし…深川監督とご一緒したこともあるのですが、そのときもクセのある役だったので、監督は僕のことをこういうふうに見ているのだろうなと感じています(笑)。

深川監督から、「凛吾郎はネジが1、2本外れてぶっ飛んでいるけど、いつも幸せを感じてニコニコしている」とお伺いしていましたので、実は昨日、リハーサルスタジオに入っていたのですが、バンドのメンバーに趣旨を説明して、凛吾郎の状態で音楽のリハをしていました(笑)。

また、金子さんの作品は『プロポーズ大作戦』(2007年/フジテレビ)や『コントが始まる』(2021年/日本テレビ)とかを好きで観ていましたので、金子さんの世界観の中に自分が入ることができるという興奮がありました。

シットコムに関しては、僕は普段、音楽をやっていてライブをしているので、そのときにしか生まれない空気とかを感覚的に求めているところがあります。表現者としてそういう空気を作り出すのが喜びであり、とてもスリリングなことだと思っています。ですので、楽しめればいいなと思いますが…正直、いっぱいいっぱいです(笑)。

風情があって、侘び寂び(わびさび)があって、情緒があって、そして、笑いがある…これが日本式のコメディなんだというふうにできたらいいなと思っています。

◆檀れい(浅月桃代役)コメント

このお話をいただいたときに、まず最初に思ったのが「おもしろそう!」ということでした。しかし、今は楽しみ半分、怖さ半分といった気持ちです。どうなっちゃうんだろうという、未知の世界に足を踏み入れる前の期待と不安とが入り混じっています。

桃代は仲居頭であり代理女将。社長と女将の信頼を得て「虹の屋」を任されていることに悦を感じています。大事なところはピシッとまとめていくような女性でありたいと思いますが、ある側面では真面目すぎて融通が利かないところもあるのかなと感じています。

金子さんの脚本自体がすでにおもしろいので、それをどういうふうに演者が、与えられた役を演じるのかがすごく大事だと思っています。それがぶつかり合ったときに、どういうものが生まれるのかが、本番当日でしかわからないところなので、どんなことでも柔軟に対応できる自分でありたいですね。

自分の中にしっかりとセリフや役の感情を叩きこんだとしても、どんなハプニングがあるか予想もつきません。でも、あまり不安ばかり考えないように、その場を楽しみたいなと思うようにしています。

俳優陣が必死になって30分のドラマを作り上げようとする姿を見ることができるドラマだと思います。よいところも悪いところもさらけ出され、恥ずかしい部分を見られてしまうような作品になるんじゃないでしょうか。丸裸になって挑んでいる私たちの姿を応援してください!

◆柄本明(梅越一二四役)コメント

ほぼ本番一発撮りっていうのは、ほとんどやったことはないですけど、とてもスリリングですね。仲野くんは、お父さんもよく知ってますけど、役者としてとてもいいんじゃないですか。共演が楽しみです。

それにしても、こういったドラマは、最近はないですね。昔は、『お笑いオンステージ』(1972年~1982年/NHK)のような公開コメディ番組なんてありましたけど、観ていただく方には新しく映るんじゃないでしょうか。

とにもかくにも、やっぱり大事なのは脚本ですよね。いざ始まったら、その肌触りでいろいろと変わってくるとは思いますし、視聴者もいるわけですから、その中から模索していく感じになるんでしょうね。

深川監督とは長いんですよ。僕の出演を希望してくれたみたいで、有り難いですね。大変、優秀な監督で、チャレンジャーですね。こういうスタイルのものに挑むんですから。これは誉め言葉ですが、あの人は“ヘンタイ”ですから(笑)。おもしろい監督なので、どうなるか楽しみです。

見どころは、せっかくこういう撮影スタイルでやっているんだから、いろいろと失敗が起こればおもしろいと思いますよ。人がセリフを忘れたりするのを見るの、おもしろいでしょ(笑)。ハプニングが今作の醍醐味でもあると思いますので、ぜひ期待してください。

※番組情報:土曜ナイトドラマ『ジャパニーズスタイル
2022年10月スタート!【毎週土曜】よる11時30分~深夜0時、テレビ朝日系24局

PICK UP