玉城裕規、『遺留捜査』にゲスト出演!2.5次元舞台のカメレオン俳優が若者の苦悩を表現

公開: 更新: テレ朝POST

上川隆也主演の人気シリーズ遺留捜査第7シーズン。

「木曜ミステリー」のクライマックスまで残り3話となる9月1日(木)放送の第8話では、『刀剣乱舞』をはじめとする舞台、映画、ドラマで活躍する玉城裕規がゲスト出演。事件の鍵を握る元アマチュアボクサー役を熱演する。

◆殺された男は強盗犯!チャンスを踏みにじられた若者の関与は?

第8話では、古びたアパートの一室で、住人の男性・楠見武(徳井優)が絞殺されているのが見つかるところからはじまる。

すると捜査をはじめた特別捜査対策室の面々はがく然。なんと、彼が7年前に起きた未解決強盗事件の犯人だと判明したのだ。

かつてその捜査を担当していた特対メンバー・雨宮宏(永井大)は、強盗事件と因縁の深い青年・宮平瞬(玉城裕規)のことが気にかかる。

実は7年前の強盗事件の夜、瞬はジョギング中に悲鳴を聞いて被害者宅に助けに入り、犯人ともみあって負傷。そのときのケガにより、ボクサーとしての夢を断たれていた。

驚いたことに、楠見は瞬が働く焼き鳥店の常連客だったという新事実が発覚。雨宮から楠見が強盗犯だったと聞かされた瞬はビックリしたものの、とっくに事件のことなど忘れていたと、吹っ切れた様子で話すが…。

そんななか、糸村聡(上川隆也)は遺体が手に握っていた“透明な糸”に興味を抱き、独自の捜査を開始する。

◆上川隆也とも舞台で共演!玉城裕規が若者の苦悩を色濃く描く

事件の鍵を握る若者・瞬を演じる玉城裕規は、『刀剣乱舞』『弱虫ペダル』『ライチ☆光クラブ』などの2.5次元舞台をはじめ、ストリートプレイやミュージカルでも大活躍。ミステリアスな雰囲気と変幻自在の演技から“カメレオン俳優”とよばれ、映像作品でも引っ張りだこの存在だ。

今作では、挫折しもがきながら生きてきた若者の苦悩を、舞台俳優の底力を感じさせる熱演で表現。見る者の心をえぐるような存在感を放つ。

玉城は主演の上川と2018年の舞台『魔界転生』で共演しているが、今回2人はどんな対峙を見せるのか。そして強盗事件によって夢を断たれた瞬の殺人事件への関与は?

※番組情報:木曜ミステリー『遺留捜査』第8話
2022年9月1日(木)午後8:00~8:54、テレビ朝日系24局

※『遺留捜査』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、『遺留捜査』過去全シーズン&スペシャルドラマを配信中!