蛯原友里も「勉強になりました」と感心!プロが教える“夏枯れ肌”リカバリー術

公開: 更新: テレ朝POST

8月26日(金)深夜に放送されたテレビ朝日のビューティバラエティ番組BeauTV ~VOCEは、「今っぽヘア&メイク、今やりたいスキンケア術をチェック!」をテーマにお届け。

「今こそやりたい!夏枯れ肌のリカバリー術」が紹介されました。

教えてくれたのは、美容家の小林ひろ美さん。豊富な美容知識はもちろん、ユニークで効果的なレッスンが多くの女性から支持を集め、雑誌、テレビなどさまざまなメディアで活躍中です。

みなさんは“夏枯れ肌”になった経験はありますか?

「エアコンで乾燥が気になる」「日焼けをして肌がくすんできたかも」など、気になる方も多いのでは?

「実は夏枯れ肌といっても、大きく2つに分けられるんじゃないかなと思っているの。乾燥による夏枯れ肌と、あとは全体的にちょっとぼんやりくすんでしまう、血行が落ちてしまっているくすみ枯れ」と小林さん。今回はこの2つのリカバリー術をレッスンしていきます。

まずは乾燥枯れのリカバリー術から。

使用するのは、こちらのアイテム。

「導入剤は、やっぱりスーッと馴染むかということと、ベタベタしないってところがポイントかなと思います!」(小林さん)

1~2プッシュ出したら。

手に馴染ませてから肌にのせていきます。

導入美容液のあとは化粧水を馴染ませて。

ちゃんと浸透したら、次は、シートマスク。

「このシートマスクをのせている間にもう1テク、何か加えたいなと思うとき、ぜひオススメしたいのが…。顔に4つある “ゴミポケット”をいい感じに刺激してあげることです!」(小林さん)

1つめは額の髪の生え際。

「両手の指で、中指を重ねる感じに。額の一番上、ちょうど毛が生えているところです。そこをグッと2~3回ずつ両指で押していきます!」(小林さん)

2つめのゴミポケットは、こめかみ。

3つめは、耳の手前。

最後は、エラの少し内側。

5分経ったらシートマスクをはがして、手でしっかりと馴染ませます。

クリームや乳液で保湿したら、乾燥枯れのリカバリーはこれで終了。

続いて、くすみ枯れのリカバリー術をレッスン。

ここで登場するのは、炭酸パック。

顔全体に炭酸パックを伸ばしていきます。

顔全体に伸ばしたら、20~30分おいて、洗い流します。

「この追い風が吹いているときに、ローションで顔をしっかり保湿してあげましょう!」(小林さん)

次に美容液。

手に馴染ませたら、普通の美容液をつけるように肌にのせていきます。

仕上げにクリームを、適量を手にとって。

顔をしっかり保湿。これでくすみ枯れのリカバリーは完了です。

ここで小林さんはビューティギアも紹介。「乾いた肌の状態のときは、最新のギアを使っておうちでエステケア気分もできます。こういったものを使ってもいいですよね!」とのこと。

最新ギアなら、自宅で本格ブライトケアも。

これで、夏のダメージを一掃! ていねいなケアで、枯れとは無縁の透き通った美肌を手に入れよう。

番組MCの蛯原友里さんも「すごーい。勉強になりました!」とコメント。

炭酸パックもさっそく体験し、「すごく冷たくて気持ちいい。でも泡だけじゃなくてちゃんとジェルっぽさも残ってて、とろみがあります!」と絶賛していました。

番組ではこのほか「定番カラーでつくる!今っぽメイク」「今っぽメイクに合わせたヘアスタイリング術」も紹介しています。

※『BeauTV ~VOCE』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※番組情報:『BeauTV ~VOCE
毎週金曜 深夜1:50~(※毎月最終週は休止)、テレビ朝日