ジミー大西、画家を辞めて5年間借金生活をしていた!「さんまさんに相談せずに勝手に…」

公開: 更新: テレ朝POST

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティしくじり先生 俺みたいになるな!!

8月19日(金)の放送では、画家としても活躍するお笑い芸人・ジミー大西が初登壇した。

2022年で芸歴40年となる節目に、付き人時代から振り返り、師匠を巻き込んだしくじりの数々を告白。“しくじり万博先生”として授業を行った。

◆画家を辞めて3年前まで借金生活!ジミー大西の初授業にツッコミの嵐

ジミーは1982年18歳のときにお笑いタレント・明石家さんまの付き人となり、その後芸人デビュー。31歳のときには画家に転向し、現在は芸人・画家として活動している。

授業冒頭でジミーは、さんまの付き人になるまでの経緯を説明。

大ファンだった歌手・早見優の付き人になりたかったジミーは、さんまと早見が一緒に歌番組に出演していたのを見て、“早見優ちゃんも吉本や!”と勘違いし、吉本興業へ「早見優ちゃんの付き人になりたいんです」と直談判したそう。

そこで早見は別の事務所だと説明した社員からの勧めで、舞台裏で出番前の芸人への声かけや、新喜劇の小道具を用意する“舞台進行”として吉本興業に入ったのだという。

そんなジミーは「つい最近までこうでした」と前置きし、「さんまさんに相談せずに勝手に画家を辞めて5年間借金生活をしていた」と告白。

生徒たちが「画家じゃなかったんですか?」「最近っていつですか?」と騒然となるなか、ジミーはその期間を2014年から2019年の5年間だと明かす。つい3年前までジミーがそのような状態だったと知り、生徒一同はさらに驚愕していた。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!
ABEMA
毎月第1〜3金曜 よる9:00〜9:30、ABEMA SPECIALチャンネル
第4金曜 地上波放送終了後〜
【地上波】
毎月第4週金曜 深夜0:50~1:20、テレビ朝日系(※一部地域を除く)