上沼恵美子、『徹子の部屋』初出演!「神様」「国宝」と称えるほど憧れる黒柳徹子を前に緊張

テレ朝POST

2022年2月、放送47年目に突入する『徹子の部屋』。それを記念して、1月31日(月)から2月4日(金)まで「祝47年!突入記念ウィーク」と題し、豪華ゲストを迎える。

2月1日(火)の放送では、上沼恵美子が番組に初登場! 東西の“お昼の顔”が初対面をはたす。

黒柳と上沼は『徹子の部屋』、『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』とテレビ朝日の平日昼の時間帯をリレーしてきた間柄。

黒柳は「番組をリレーしていて、とても親近感のある方だったのでお会いしたいなと思っていましたけど、実際にお会いするのははじめてです。ようやく来ていただいて」と上沼との初対面に大喜び。

上沼もまた「日本一有名な番組に出させていただいて、久しぶりに上がっています。どなたの前でも上がらないのですが、黒柳さんは特別です」といい、いつになく緊張しているとあいさつするものの、トークは滑り出しから絶好調。

まずは、演芸好きだった亡き父に頼まれて14歳で実姉と漫才コンビを組んでデビューしたエピソードを明かし、「漫才をやりたかったわけじゃないんです。すごくイヤでした…」と、じつは嫌々お笑いの道に入ったという当時の心境を振り返る。

◆還暦別居の真相を告白!黒柳徹子がアドバイス

黒柳が興味津々だったのが、今から5年ほど前、還暦旅行でヨーロッパを訪れた際、夫に離婚を切り出したという衝撃のエピソード。

上沼は、結婚当初「死ぬほど大好きだった」という8歳年上の夫だが、ともに人生を歩んで40年も経つと気持ちが変わってきたと打ち明ける。

ところが、今の今まで離婚に対する夫からの返事は一度もないまま。現在、夫は自宅近くのマンションでひとり暮らしをおくっており、週末だけ帰宅してくる“別居婚”生活をしていると明かす。

そんな夫婦の状況を聞いた黒柳から、目から“ウロコ”のアドバイスが。

また、上沼は「黒柳さんにお会いしたらお聞きしようと思っていたことが…」と切り出し、ある迷いを吐露する。近年、レギュラー番組がいくつか終了し、年に一度開催してきた歌手としてのコンサートもコロナ禍で中止となり、「このあたりで(芸能生活の)幕を閉じるべきでは?」と真剣に考えているというのだ。

「黒柳さんはどんなエネルギーで仕事を続けていらっしゃるんでしょうか?」という上沼の問いかけに、黒柳はどんな言葉を送るのか?

「神様」「国宝」とたたえるほど黒柳に憧れていたという上沼は、トークの途中も「いま、緊張して鳥肌立ってます! だって目の前に黒柳さんがいるんですよ」と興奮。

それを聞いた黒柳が「あなたおもしろいわね、私だって同じよ。目の前に上沼恵美子さんがいらっしゃるんだから!」と応じるなど、2人は互いにリスペクトしあいながら爆笑トークを展開。

東西の“お昼の顔”が、笑いいっぱいのトーク真剣勝負を繰り広げる。

なお、「祝47年!突入記念ウィーク」では、このほかにも豪華ゲストが続々登場予定だ。

・1月31日(月)奈良岡朋子&EXILE AKIRA
・2月1日(火)上沼恵美子
・2月2日(水)高橋英樹近藤正臣
・2月3日(木)関根勤小堺一機
・2月4日(金)岸惠子草笛光子

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

PICK UP