タモリ、憧れの王貞治氏と初共演で大興奮!「芸能界に入ってよかった」

テレ朝POST

“野球の神様”ベーブ・ルース以来となるリアル二刀流でメジャー100年の歴史を塗り替えた大谷翔平

そんな若き天才・大谷選手の活躍の秘密に迫る超大型スポーツ特番タモリステーション~二刀流 大谷翔平の軌跡~が1月28日(金)に放送される。

同番組は、昨シーズンメジャーリーグを席巻したリアル二刀流・大谷翔平を徹底解剖していく超大型企画。2021年の躍動を振り返るだけでなく、彼の原点を形作った“3つの導き”を深掘りする。

加えて、投打両面の進化を詳細に分析。“元祖二刀流”ベーブ・ルースとの時空を超えた共通点も浮き彫りにするなど、あらゆる角度から大谷選手の心・技・体を解き明かしていく。

王貞治氏&栗山英樹氏がそれぞれの視点で解説

スタジオには、球界のレジェンドである福岡ソフトバンクホークス・王貞治球団会長、二刀流の生みの親ともいえる北海道日本ハムファイターズ前監督であり現侍JAPAN監督の栗山英樹氏、大谷選手のファンである女優・天海祐希ら豪華ゲストが集結する。

王氏は独自の視点から大谷選手について考察し、栗山監督は“人間・大谷”について存分に語る。野球ファン、大谷選手ファンはもちろん、あまり野球を知らない人も思わず引き込まれてしまう夢のようなトークを、タモリがアシスタントの大下容子アナウンサーとともに進行していく。

◆王貞治氏への質問で、タモリが“野球少年”に!

子ども時代、“遊び”といえば野球だったという“元・野球少年”のタモリ。

「大谷選手はここまで来たら“日本人として”じゃなくて“人類として”誇らしい存在!」「二刀流は我々にとってフィクションの世界でしかなかった。それを実現した人を見ることができるなんて、素晴らしい幸運!」などとリスペクトをこめて語り、彼の秘密が解明されるたび「これホント?」「いやぁ、スゴイねぇ!」を連発する。

そして、タモリが大興奮したのは日本野球界の至宝・王氏との共演。2人が本格共演するのは初めてのことで、タモリは大谷選手のスイング分析ブロックでは「うかがいたいことがあるんですけど…」と身を乗り出すようにして長年抱いていたというバッティングについての疑問を投げかける。

そんなタモリの質問に応じ、王氏は身振り手振りを交えてくわしく説明。これにはタモリも感激しきりで、知的好奇心を抑えきれないのか、さらなる質問をたたみかけていき大下アナが「タモリさん、少年のようですね!」と驚くひと幕も。

博識で知られるタモリが長年抱いていた疑問とは、いったいどんなことなのか?

◆タモリ、「芸能界に入ってよかった」と感激!

収録を終えたタモリは王氏とのやりとりに、「我々の世代にとって、王さんはスーパーヒーローですよ。若い頃は一生、お話しなんかできないと思っていましたからね。それが今回、隣に座って、長い間、疑問に思っていた僕の質問にちゃんと答えてくださって…。答えを聞きながらも、一方では“今、スゴイことやってるな”と思えてきて、あまり頭が働かなかったですね」と感動。

芸歴47年のキャリアをもつタモリが「芸能界に入ってよかったと思う瞬間でした」と喜びを語っていた。

大谷選手についても「すべてがスゴイですね、今回さまざまな視点から詳しく分析しましたが、人間性も素晴らしく、いかに自分がつまらない人間なのか思い知らされて、恥ずかしくなりました(笑)」と驚嘆の面持ち。

「昨シーズン、スゴイものを見せてもらったので、これ以上は期待しないですね。あとはもう、ご自由にやってくださいという気持ち。…といいつつ、やっぱり期待しちゃいますけどね(笑)。これからどうなっていくのかずっと見ていきたい存在ですね」と来季への期待を高める。

世界を驚かせ、タモリを釘付けにした大谷翔平の秘密とは?

※番組情報:『タモリステーション~二刀流 大谷翔平の軌跡~
2022年1月28日(金)午後8:00~9:54、テレビ朝日系24局