横山由依、AKB48時代に“スキャンダル”でっち上げの被害に「ファンと合コンしてるって…」

テレ朝POST

テレビ朝日の公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」にて好評配信中の『納言幸のやさぐれ酒場』。

お笑いコンビ「納言(なごん)」の薄幸が、さまざまなゲストとサシ飲みしながら赤裸々トークを繰り広げる人気企画だ。

2022年1回目の動画には横山由依が登場し、AKB48時代の意外なエピソードをぶっちゃけている。

◆研究生は携帯も使えない!AKB48の独特なルール

番組で飲酒するのは今回がはじめてだという横山。

お酒が大好きで普段からよく飲むそうで、この日は芋焼酎の「黒霧島」を飲みながら軽快にトーク。「酔っ払うと『結婚したいくらい好き!』ってなります」と意外な一面を告白する場面もあり、酒好きの幸ともすっかり意気投合していた。

そんな横山は2021年12月9日にAKB48を卒業したばかり。

「AKB48時代で1番うれしかったことは?」と質問されると、研究生から正規メンバーに昇格したことだと振り返った。

「研究生はセレクション制度があって、いつ落とされるかわらかなかった。正規メンバーに昇格したらセレクション審査もなくなるし、楽屋で携帯も使えるし、髪型も好きにできるのもあってうれしかったです」(横山)

なんとAKB48の研究生のころは楽屋で携帯電話を使えず、髪型も指定で、壁紙写真と同じスタイルでいないといけなかったそう。

厳しいルールに幸は「女子バスケ部じゃん」とツッコみ。「私が変えてやりたい」と宣言して笑いを誘っていた。

◆「ファンと合コンしてる?」スキャンダルに…

さらに横山は、AKB48時代に「一番怒られたこと」についても打ち明けた。

それは横山が研究生に昇格してしばらく経ったときのこと。握手会に来たファンがとんでもない“発言”をしたという。

『私がファンと合コンしてる』っていう、本当にないことを言ったんです。そしたら社長と支配人に呼び出されて、『合コンしてんの?』って(詰められました)」(横山)

結局事実無根だと分かり、ことなきをえたそうだが、横山は当時を振り返って「本当に怒られて…忘れられないです」とコメント。「ないことが事実にされることがあるんだな」と実感を込めて語っていた。

動画ではこのほか、2人が芸能界で頼りにしているMC芸人などの話題でトーク。横山は『しくじり先生』の収録で救ってくれたある芸人について語っている。

※テレビ朝日公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』はこちら