波瑠、まさかの告白!「数年間ずっと、毎日嘘をついてます(笑)」『愛しい嘘~優しい闇~』制作発表

テレ朝POST

登場人物は全員嘘つき――!? 渦巻く嘘と闇、愛憎…中学卒業から14年ぶりに開催された同窓会をきっかけに起こる同級生連続不審死事件を軸に、超高速展開で二転三転していく波瑠主演の本格ラブサスペンス・ドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』。

本作で“恋”と“事件”に翻弄されていく“同級生仲良し6人組”を演じる波瑠、林遣都溝端淳平本仮屋ユイカ黒川智花新川優愛が制作発表記者会見に出席した。

『愛しい嘘』は、最初から最後まで何もかもが予測不能な作品。じつは、キャスト陣もドキドキワクワクしながら、撮影に臨んでいるようで…。

主人公・今井望緒を演じる波瑠は「今まであまりやってこなかったタイプのドラマ。登場人物それぞれに裏がある中、望緒はそれに気づくのか気づくことができないのか…。そういった駆け引きの一つひとつが意味をもってくると思うので、結構慎重にやらないとなぁ…という緊張感があります」と告白。

一方、望緒の初恋の人・雨宮秀一を演じる林は「いわゆる“王子様”と呼ばれる、あまり得意ではない類いの役(笑)」と格闘すると同時に、「『サスペンスっておもしろいなぁ』と毎日噛み締めている」そう。「これから第1話をご覧になる方々がどんな反応をくださるのか、今からワクワクしています」と作品の出来栄えにも自信をのぞかせた。

◆キャスト陣が約14年前の写真&マル秘エピソードを披露!

また、震撼の事件が続発する劇中とは一転、会見では“ほっこりするスペシャルな事件”も…!?

何を隠そう、『愛しい嘘』で巻き起こる「同級生“連続不審死”事件」の大きなカギを握るのは、“14年前のある事件”。

というわけで、今回は特別にキャスト陣が約14年前――まだ自身が10代だった頃の貴重な写真を公開! 当時のマル秘エピソードもあわせて披露した。

なんと、波瑠と本仮屋の眉毛がともに細かったり、林と溝端の写真がどちらも「反抗期真っ只中で、母親に撮ってもらったもの」だったり…と、思わぬ共通点も見つかり、クロストークも一気に弾んだ。

それと同時に、お互いの写真を見たキャスト陣はキュンキュン!

なにせ6人それぞれ、あどけなさを残しつつも、約14年前から文句ナシの美男美女ばかり。女性陣の写真には「かわいい!今も変わらずキレイ!」、男性陣の写真には「かわいい!カッコいい!」とトキメキが止まらない様子だった。

ちなみに、会見ではラブサスペンスの「ラブ」要素にかけて、キャストそれぞれが「キュンとする仕草」も教えてくれることに!

すると、ドラマ本編ばりに予測不能な展開に!? 溝端からは「林くんの手がキレイでキュンとした」、黒川からは「私が『何かやって』と頼んだときに、文句言わずやってくれる人にキュンとします」とまさかの回答も飛び出し、会場を沸かせた。

◆波瑠、犬に毎日嘘をつく!

会見では『愛しい嘘』というタイトルに掛け、キャスト陣に“最近ついた嘘”や“ずっとついている嘘”について告白。

すると、波瑠は「数年間ずっと、毎日嘘をついてます(笑)」と即答。

なんでも「家に犬がおりまして、毎日『すぐ帰ってくるから!じゃあね!』と言って出掛ける」そうで…。まさに“愛しい嘘”というべき心が温かくなる嘘で、会場を和ませた。

林は「15歳で事務所に入った頃、オーディション用プロフィールの“特技”欄に、かじったことがある程度の書道とギターを書いた」と白状。

さらに、「溺愛している姪っ子に『好きなアイドルがいるから、サインもらってきて』と頼まれ、全然ツテもアテもないのに、『わかった!オレに任せておいて』と言っちゃった」(溝端)、「中学のときにテニス部を途中退部したのに、最後までやり切った風を34歳まで装っていた」(本仮屋)、「数年前に食器を割ったことを正直に言えなくて、同じものを探して買いに走って、今日まで家族にはバレずに過ごしている」(黒川)、「小さい頃、父親に『メンマは割り箸を醤油で漬けたものだ』と教えてもらっていた。その嘘を最近、地元の友達の子どもに伝えたらすごく信じた」(新川)と思わず頬が緩む個性的な嘘が!

6人の意外な素顔も次々と垣間見られ、会見は大盛況のうちに幕を閉じた。

※番組情報:2022年1月期 金曜ナイトドラマ『愛しい嘘~優しい闇~
2022年1月14日(金)スタート!【毎週金曜】午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(一部地域で放送時間が異なります)

PICK UP