優(相葉雅紀)の恋愛模様を深堀り!三角関係の行方は…<和田家の男たち>

テレ朝POST

息子、父、祖父の3世代がそれぞれ異なったメディアに携わっている“マスコミ一家”の「和田家」を舞台に、男だらけの家族が織り成す相葉雅紀主演の異色のホームドラマ和田家の男たち

12月3日(金)放送の第7話では、『バズとぴ』男子3人組が飲み会で“恋バナ”に花を咲かせる!

ネットニュース『バズとぴ』で働く男性陣の和田優(相葉)、三ツ村翔星(正門良規)、そして印田吾郎(駒木根隆介)。そんな3人が、いつもの職場とは違う居酒屋を舞台に、少しリラックスモードで男子トークを繰り広げる。

第7話では、失踪事件のインタビューで『バズとぴ』始まって以来のスクープを上げた優の祝勝会が開かれることに!

男性陣だけになれば、自然と話は恋愛トークへ。

みんなが気になるのが優と志麻さと美(石川恋)との関係。三ツ村&印田に「付き合ってるんでしょ?」と聞かれるも、そこまでの関係に進展していない優は答えを濁し…?

3人での会話が盛り上がるなか、優は「僕○○されるの好きかも…!」という恋愛に関するある意外な好みを告白する。

◆ほのか再来で試される優の本当の気持ち

さらに、第2話に登場して和田家に一波乱巻き起こしていった女性・戸倉ほのか(宮澤エマ)が再び優の前に現れる!

突然のほのか来訪に、優は「僕のことフッたよね!?」と混乱し、秀平(佐々木蔵之介)と寛(段田安則)も「あの子苦手…」と最初はよそよそしく迎え入れたものの、気づけば持ち前のコミュニケーション能力を存分に発揮したほのかに再び翻弄される和田家の男たち。

2人の女性を前に、揺れ動く優の心…3人のそれぞれの気持ちはどのように動いていくのか?

そして優をめぐる志麻とほのかによる三角関係の行方は?

最終章へと突入していく『和田家の男たち』、男たちの恋模様にも注目だ!

◆第7話 あらすじ

『週刊アスタ』の“家族の肖像”グラビアをきっかけに、和田家の周辺は再び慌ただしさを見せ始める。

秀平(佐々木蔵之介)は岸文子と付き合い始めることになり、優(相葉雅紀)のもとにはグラビアを見たという戸倉ほのか(宮澤エマ)から「今度またおうちにお邪魔したいな」という連絡が…。

自分のことを振った彼女がなぜ今さら…、と思う間もなく、さっそくほのかが和田家を訪ねてきてしまう!

“いろいろあった”ほのかの突然の来訪に戸惑う優、秀平、寛(段田安則)。優の恋心は、ほのかと志麻さと美(石川恋)の間で揺れ動くことに…?

そんななか、『週刊アスタ』のスクープで清宮恭介国土開発大臣(高橋光臣)に、違法献金疑惑が持ち上がる!

『フロンティアニュース』で清宮の疑惑を追い始めた秀平は、26年前から続く清宮との因縁に、再び向き合うことに…。

やがて秀平は26年前のりえ(小池栄子)の死の真相を知る人物にたどり着く。そして、秀平と優は、ついに衝撃の事実を知る!

※番組情報:『和田家の男たち』第7話
2021年12月3日(金)よる11:15~深夜0:15、テレビ朝日系(一部地域で放送時間が異なります)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、地上波放送終了後にドラマ本編を配信!

TVerでは、最新回を無料配信中!