『M-1グランプリ2024』ついに始動!  麒麟・川島「僕らが出てたときとはまた違う戦いになっている」M–1の進化に舌を巻く

公開: 更新: ABCマガジン

©M-1グランプリ事務局

本日6月26日、漫才頂上決戦「M-1グランプリ2024」が始動し、全国の漫才師たちからのエントリーをスタートした。都内で開催された開催記者会見には、王者・令和ロマンをはじめ、昨年のファイナリストたちや、今年の有望株が登場。漫才日本一に向けての意気込みを熱く語った。
 

昨年は芸歴6年の令和ロマンが優勝をさらった「M-1グランプリ」。初の決勝進出、さらに、第一回大会の中川家以来となるトップバッターからの優勝という快挙を成し遂げ、まさに“令和のシン芸人”と言える王者の誕生に大会は大いに沸いた。そして今年は20回目という節目の年。昨年は史上最多8,540組がエントリーしたが、今年はさらに最多記録更新となるか注目される。

 
開催会見の司会を務めたのは麒麟・川島明と斎藤真美(ABCテレビアナウンサー)。川島は「記念すべき第20回ということで、今年も手に汗握る大会を期待しております」とコメント。斎藤アナウンサーから昨年印象に残ったネタを聞かれると、独特な展開で話題となったさや香のネタ「見せ算」と即答。「ワードがひとり歩きするのもM–1のよさ」とM–1ならではの可能性について触れる。また、麒麟は結成2年目に2001年の第1回大会に出場し決勝進出したM-1のOB。川島は当時を振り返り「僕らが出てたときとはまた違う戦いになっていて、確実にレベルがガンと上がってます」と、M–1の進化に舌を巻いていた。

©M-1グランプリ事務局

MC台に置かれた優勝トロフィーを見た令和ロマンは、そこに刻まれた自分たちのコンビ名に「初めて見ました!」と感激。髙比良は「史上初のチョンチョン(〃 ※繰り返し記号)が見たいですね」と会場を笑わせる。松井は昨年、口約束がきっかけで髙比良に優勝賞金1,000万円を全額渡してしまったため、「去年奪われた1,000万円を取り返すために!」と意気込みを語った。

©M-1グランプリ事務局

その令和ロマンに1票差で敗れ準優勝となったヤーレンズの出井は「引っ越ししまして、結婚しまして、ちょっと太りました(笑)。やれること全部やりました。ただ優勝できなかったことが心残り。今年こそは」とリベンジ宣言。

3年連続ファイナリストの真空ジェシカは今年も川北がボケ放題。昨年5位だったことを受けて「最低でも4位、最高でも3位」「去年と同じネタになってしまうんですが、諦めずにがんばります」など、やる気のないコメントで川島を困らせた。

©M-1グランプリ事務局
©M-1グランプリ事務局

カベポスターの浜田は昨年、オチのセリフを噛んでしまったことをいまだに後悔。目標を「絶対噛まない」と掲げる。ラストイヤーのモグライダーは、芝が「ともしげがネタで仕上がりすぎて、終わってからのトークでウケた」と反省。「もうM-1しかないんですよ!」とラストへ気合いを見せる。

©M-1グランプリ事務局

ダンビラムーチョ・大原は昨年大会中にゲストの巨人・岡本和真選手にサインをおねだりしたことが話題に。会見にそのサインが入ったユニフォームを持参すると、相方・原田は「いろんなプロ野球選手にサインをもらいに行く仕事が増えました」と苦笑してしまう。

©M-1グランプリ事務局

川島から「キモダチです」と紹介されたのは、昨年キャッチコピーの“ずっとキモダチ”が大ウケしたマユリカ。本人たちは不満な様子で、「今年はもっとカッコいいキャッチコピーをつけてもらうために決勝に行かないと」とほかのコンビとは角度の違う理由で決勝進出を誓った。

©M-1グランプリ事務局

続いて注目コンビ4組が登場。決勝進出2回、今年がラストイヤーのロングコートダディはなぜか兎が相方の名前を間違えたりコンビ解散のような発言をしたりと迷走。同じくラストイヤーのトム・ブラウンも、テープでぐるぐる巻きにされて登場した布川がうまくしゃべれず、「俺もダメです」と2組連続でコメントが不発に終わり会場の笑いを誘う。

双子コンビのダイタクは兄・大が「2015年に初めて準決勝に出たが、決勝には1回も行けてない、本当に恥ずかしい」と憤り。しかし弟・拓は「僕ら決勝が近づくと似てくるって言われるんですが、今年は春から『似てる』と言われるので、今年はいいと思います!」とラストイヤーにして初の決勝進出に望みをかける。

©M-1グランプリ事務局

昨年初の準決勝進出を果たしてフースーヤは、谷口が「本当に恥ずかしいです」とパンツ1枚の姿で登場し、トム・ブラウンがテープでぐるぐる巻きのボケで出ようとしている姿を見て慌てて服を脱いだことを告白。目標を聞かれると、「優勝して記者会見を大阪でやりたい。川島さんのMCをちゃらんぽらん冨好さんに変えたい」と大きく出る。

昨年初めて準決勝に進出したナイチンゲールダンスは、敗者復活戦でオズワルドを破る快挙。しかし、中野なかるてぃんはそのときのヤスの喜び方に違和感を覚えたということで、ヤスが一流アスリートばりに格好つけたポーズを再現してみせると、「ダサい!」と会場中が大爆笑。川島は笑いながら「今年は優勝してそのポーズを見たい」とフォローしていた。

©M-1グランプリ事務局

今年も優勝賞金は1,000万円。
優勝の条件はただ1つ、「とにかくおもしろい漫才」

予選は8月1日からスタート。今年は1回戦の会場に新たに新潟会場が追加され、全国9地区で行われることとなった。また、アマチュア漫才師応援企画として、全ての1回戦において「ナイスアマチュア賞」を1組選出、全日程を通して最高得点を獲得した漫才師には「ベストアマチュア賞」を贈呈。さらに、昨年設置された「ナイスキッズ賞」は、小学生以下のメンバーのみで構成された組の中から特に印象に残った漫才師に贈呈、「ジモトスター賞」は各地の特色を活かした漫才で予選を盛り上げてくれた漫才師たちに贈呈される。

そしてもちろん今年も優勝賞金は1,000万円。優勝の条件はただ1つ、「とにかくおもしろい漫才」。日本一の漫才師という称号をかけ、熱き戦いの幕が上がる!

 

©M-1グランプリ事務局

「M-1グランプリ2024」

番組公式HP:https://www.m-1gp.com/

番組公式X:https://x.com/M1GRANDPRIX

番組公式インスタグラム: https://www.instagram.com/m_1grand_prix/

番組公式YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCCTMMUDmBo6PXc7GmVHPrkw

番組公式フェイスブック: https://www.facebook.com/m1grandprix

番組公式TikTok:https://www.tiktok.com/@m1gp_official