「深夜番組専門かなぁ~みたいな」人気アイドルに言われR-1グランプリ2024王者が改名!?

公開: 更新: ABCマガジン

ピン芸人日本一決定戦「R-1グランプリ2024」の王者が、改名するかもしれない!? その理由は、同期のかまいたちや、女性アイドルグループの櫻坂46のメンバーから、下ネタを連想させる芸名をツッコまれたから。イメージを変える、新たな芸名候補とは……?

©️ABCテレビ

【動画】「ずっとイヤーなデブだなと思っていた」 かまいたち山内、R-1グランプリ2024王者にまつわる爆笑エピソードを語る

実は、かまいたちと同期であるピン芸人の街裏ぴんく。街裏といえば、嘘か本当かわからない漫談で、R-1グランプリ2024の王者になったことでお馴染みだ。大柄、ド派手なピンク色のスーツ、坊主頭、黒ブチの丸眼鏡といったビジュアルは、一度見たら忘れられないほど強烈なインパクトがある。

©️ABCテレビ

そんな街裏に、かまいたちの山内は「下ネタを言いそうな名前やなと思って顔を見たら……めっちゃ下ネタを言いそう」とニヤニヤ。相方の濱家も、「街裏ぴんくって名前でこの見た目やから、『絶対下ネタ言うわ~』と思って見ないようにする人はおると思う」と同意した。さらには櫻坂46の井上梨名も、「深夜番組専門かなぁ~みたいな」と街裏のイメージについて答え、スタジオは爆笑で包まれた。

©️ABCテレビ

やがて、街裏の新たな芸名をみんなで考える流れに。昔から仲がいいミルクボーイの駒場孝から「街裏(だけ)にしましょう」と提案されると、街裏は「なんかスカスカ感が……今まで街裏ぴんくでやっていたから」としっくりこない様子。「そやったら何かわからんけど、熊五郎とかの方が……例えばですよ。そっちの方が腑に落ちますわ」と街裏が自ら提案すると、「熊五郎……?」「おもんないっすって」と仲間たちにダメ出しされた。

©️ABCテレビ

この流れに乗って、山内は「それやったら、雰囲気逆に、まことちゃんとか……例えばですよ、例えばやけど。例えば。本気(で考えた名前)じゃない」と提案。「ボブ・サップ2世とか……例えばですけど!」という駒場の便乗も、「ずるい、そんなやり口(の提案)。逃げ道残し過ぎやろ!」という濱家のツッコミも含め、スタジオは笑いが止まらなかった。

©️ABCテレビ

なお、街裏が自分の芸名について共演者たちと語ったバラエティ番組『これ余談なんですけど・・・』6月12日放送回は、動画配信サービスTVerで無料配信中。同放送回で明らかになった、ミルクボーイの代表ネタ「コーンフレーク」の知られざる誕生秘話や、山内が「ずっとイヤーなデブだなと思っていた」という街裏のエピソードに驚くはず!