お酒が進み過ぎる!大阪の人気おでん屋を徹底調査『なるみ・岡村の過ぎるTV』

公開: 更新: ABCマガジン

©ABCテレビ

1月8日(月)放送、新年一発目の『なるみ・岡村の過ぎるTV』は、お酒にまつわる特別企画「祝・成人の日!楽し過ぎるお酒スペシャル」。番組の後半では、呑んべえ芸人の大阪キッズ・藤田がお酒別にお酒が進み過ぎるおでん屋を調査! SNSでは「飲みたぁああい!」と反響を呼んだ。

©ABCテレビ
©ABCテレビ

最強のお酒のお供ともいえる、おでん。今回はお酒が進み過ぎるおでんを、大阪キッズ・藤田がほろ酔いになりながら、その相性を徹底調査した。週末の予約が1ヶ月先まで埋まっているという大阪・天下茶屋の「まる米」では、練り物2個で瓶ビール1本空けちゃうほどグビグビ飲んじゃうジューシーなおでんが登場。

©ABCテレビ
©ABCテレビ

布施駅から徒歩10分のところにある、熱燗が進み過ぎるノスタルジックな屋台おでんでは、謎の「藤田グラフ」で超高得点を獲得! 酔いも冷めてマジトーンになるほど、旨味が凝縮されたおでん出汁と熱燗の出汁割りを満喫した。

©ABCテレビ

藤田が特に驚きを隠せなかったのは、大阪市内に6店舗を構える人気店「赤白」(梅田、天王寺など)のワインが進み過ぎる創作おでん。ポルチーニ茸のクリームソースで味わう大根(242円)など、「フレンチおでん」とワインという意外ながらも合いすぎるペアリングを調査。

©ABCテレビ

最初は若者で賑わうお店とあって「おっさんやけど大丈夫?」と緊張していた藤田だが、56歳で初めてのマリアージュ体験に「とろけるような相乗効果!」と大絶賛。ワインのグラスも次々と空けて、おでんの新たな可能性に大満足の様子だった。

©ABCテレビ

この寒い時期だからこそ真似したい、おでん飲み。楽し過ぎる、人気おでん店のはしご酒は『なるみ・岡村の過ぎるTV』のTVerで見逃し配信中。