格付け「あんなポンコツいます?」絶対王者GACKTのマル秘パートナーはDAIGOだった! 個人連勝記録は更新するも、チームは画面から消える前代未聞の事態に!

公開: 更新: ABCマガジン

新春恒例、元祖格付けバラエティ『芸能人格付けチェック!2024お正月スペシャル』に、個人71連勝中のGACKTが参戦。放送までシークレットだったGACKTのパートナーが、ミュージシャンのDAIGOだったことが明らかに!

©️ABCテレビ

GACKT自身は今年も見事全問正解し、個人連勝記録を伸ばしたが、最終チェックでのDAIGOの痛恨のミスにより、ラストでGACKTが消え去る前代未聞の事態となった。

冒頭、格付けマスター浜田から抱負を聞かれたGACKTは、「2年かけて病気を治して復帰したのに、また体調悪くなってきました。格付けの時期になると髪減るんですよ」といつになく弱気。今回チームを組むDAIGOについて聞かれると、「派閥が違うんで、この人hyde派なんで」と突き放す。

©️ABCテレビ

それでもDAIGOは、「今回はGACKTさんと一緒なので、しっかりと連勝連勝で行きたい」と決意。しかしGACKTは、「昨日『お前大丈夫か』ってLINEしたら、すっごい軽く『大丈夫ッス』」と返信があったものの、今朝になって「『ヤバいッス』」というLINEが来たことを明かし、浜田たちは爆笑。

©️ABCテレビ

GACKTがまず挑んだのは、お正月恒例の「ワイン」チェック。一流ホテルなら1本100万円は下らない最高級ワインと1本5000円のワインを飲み比べるが、GACKT対策として、今年もワインの銘柄やヴィンテージは事前には明かされない。浜田から自信のほどを聞かれると「間違えようあるんですかね」と早くもGACKT節が炸裂。その一方、「問題のレベルはソムリエテスト。正月にやる番組じゃないですよ」とチェックの難しさも語る。

©️ABCテレビ

実際のテイスティングでは、自らデザインしたGACKT専用グラスを持ち上げ、注がれた赤ワインの色を吟味するGACKT。他のチームにはGACKTの解答がわからないシステムになっていることを知ったブラマヨ小杉は、「どんな存在になってるの!? もう同じレベルの挑戦者ちゃいますやん!」と驚愕。そしてGACKTは見事正解し、個人連勝記録を伸ばした。

©️ABCテレビ

続いてGACKTは、番組史上最高額75億円の世界的名器が奏でる奇跡の音色と、総額800万円のちょっといい楽器による演奏を聴き比べる「弦楽八重奏」チェックに挑戦。

©️ABCテレビ

ここでは「もし間違えたらDAIGOと二人で坊主にしますよ」と宣言。それを聞いたDAIGOは「GACKTさん、本気ですか!?」と戸惑うが、「ミュージシャンだったら間違いようがないぜ」と絶対的自信を見せる。チェックでは、DAIGOが「GACKTさん、お願いします」と両手を合わせて祈る中、ここでも正解を果たした。

©️ABCテレビ

さらにGACKTは、DAIGOとともに「ミシュランシェフ」チェックに参戦。これはミシュラン星付きシェフが作る最高級の海鮮チャーハンと、町中華の店主が冷凍の具材を使ってつくる海鮮チャーハン、料理ド素人の浜田がカネテツのほぼシリーズを使ってつくる「ほぼ海鮮チャーハン」を食べ比べるというもの。

©️ABCテレビ

このチェックでGACKTは「僕、25年くらいコメ食べてないんですよ」と話し、嫌がるそぶりを見せるが、浜田が「みんな待ってるやん、お願いしますよ」と説得。「コメはひと粒しか食べない」と言いながら、3つのチャーハンを試食する。

©️ABCテレビ

そんなGACKTの姿を見た浜田は、「ホンマにひと粒やん!こんなんでわかる訳ないで!」と言いつつ、「やばいで、これ」と心配。DAIGOは最初「チャーハンのパラパラ感を一番感じたのはB」と主張したものの、結局コメの水分量に注目したGACKTの意見に従い、チームは見事正解。浜田は「25年食うてない奴が何でコメの質感がわかんの!こいつマジでスゴい」と感心した。

©️ABCテレビ

続くチェック4では、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスで編成されたプロとアマの演奏を聴き分ける「弦楽オーケストラ」にDAIGOが挑む。

©️ABCテレビ

「本来ミュージシャンなんで当てます」と自信を見せるDAIGO。演奏を聴いた後、「テクニックにダイナミックさを感じたし、情景が浮かんできた」という理由で回答を選ぶも、結果は不正解。ここまで一流芸能人だったチームGACKTは、ここで普通芸能人にランクダウン。

©️ABCテレビ

見守るGACKTは「ミュージシャンに向いてないんですよ」と呆れ、DAIGO自身も「hydeさん、そして妻の景子、申し訳ありませんでした」と謝罪する事態となった。

©️ABCテレビ

チェック5では、プロとアマ、そしてほぼ素人、3組の社交ダンスを見極める「社交ダンス」にGACKTが挑戦。

事前の「絶対間違えないです」の宣言通り、ここでも見事正解。素人ペアの男性が、交流のある川﨑麻世だったことが明かされると、GACKTは「何やってるんですか!?」と驚き、川﨑自身は「僕もう還暦、足がボロボロですよ」と苦笑する一幕も。

そんな中、いよいよ最後のチェック「寿司」に挑むのはDAIGO。今回はミシュランガイド掲載の寿司と回転寿司、そして絶対ありえへん食材を使った寿司の3つを食べ比べる。

このチェックでは、不正解を選んだら2ランクダウン、そして絶対ありえへん食材の寿司を選んだら、どんなランクのチームもその瞬間に消えてしまう。ただ普通芸能人のチームは正解すると、一流に復帰できるため、チームGACKTには最後の希望が残された。

©️ABCテレビ

スタジオで見守るGACKTは「料理番組やってますからね」と期待を寄せるが、DAIGOは絶対ありえへん食材の漬けカツオの寿司を選んでしまい、GACKTは画面から消えることに。

©️ABCテレビ

歴史的屈辱を味わったGACKTは「あんなポンコツいます?」と呆然。ヒロドアナから「エンディングでGACKTさんがいないのは史上初めて!」と紹介されると、「僕あいつ無理ですよ、僕メチャメチャ被害者です」とボヤキが止まらない。

©️ABCテレビ

浜田が「これはエラいことやりましたよ」と話すと、すでに画面から消えているDAIGOは「ちょっと色々な方面でヤバいです、GNK、GACKTさん殴ってください」と、謝罪の言葉を口にした。

©️ABCテレビ

個人連勝記録は見事更新し、絶対王者の貫禄は見せたものの、最後に画面から消える屈辱を味わったGACKT。その歴史的瞬間が観られる今年の『芸能人格付けチェック!2024お正月スペシャル』は、動画配信サービスTVer・ABEMAで無料配信中。