どん兵衛大量持ち帰り芸人「おい撮んな!」 『M-1グランプリ』舞台裏で毎年事件が起きていた!?

公開: 更新: ABCマガジン

©ABCテレビ

日本一の若手漫才師を決める『M-1グランプリ』の舞台裏で、実は毎年事件が起きていた!? 同大会のとある出場者が、控室にあった日清食品「日清のどん兵衛」を大量に持ち帰っていたのだ。ある年は68個も、ある年は超ビッグサイズのどん兵衛を持ち帰った「どん兵衛どろぼう」とは?

©ABCテレビ

「どん兵衛どろぼう」とは、お笑いコンビ・金属バットの友保隼平のこと。金属バットは、ここ5年ほど『M-1』の準決勝まで勝ち進んでいたが、決勝戦にはなかなか届かなかった。同大会の出場条件は「結成15年以内」であるため、金属バットの出場は2022年が最後だ。

©ABCテレビ
©ABCテレビ

そんな金属バット・友保の驚きの行動をカメラが捉えた! 2018年の『M-1』敗退後の映像に映る友保の手には、大量のどん兵衛が入った箱が……! このどん兵衛は、日清食品が毎年『M-1』に提供しているもので、準決勝会場の控室にたくさん置かれている。友保は、これを毎年のようにたくさん持ち帰っていたのだ。

©ABCテレビ
©ABCテレビ

2020年には、どん兵衛をたくさん持ち運ぶための背負子と段ボール箱を持参し、積み込み作業を仲間たちに手伝ってもらった友保。その様子をこっそり撮影していたカメラマンに、彼は「おい撮んな!」「飯食わんと大阪に帰れるか!」と悪ぶってみせ、仲間たちの笑いを誘った。出場ラストイヤーとなった2022年には、超巨大サイズのどん兵衛(本物ではなく、どん兵衛型バルーン)をゲットして、友保は嬉しそうだった。

©ABCテレビ

なお、「どん兵衛どろぼう事件」のまとめ映像は、2023年の『M-1』の事前番組『超お宝映像で振り返る!M-1衝撃の瞬間SP』(12月17日放送)で紹介された。動画配信サービスTVerで無料配信中の同番組では、ほかにもミルクボーイが史上最高得点を獲得した瞬間や、史上最高齢の錦鯉の涙、我流を貫いたマヂカルラブリーの優勝劇といった各年の『M-1』王者たちの名場面が見られる。

©ABCテレビ

『M-1』出場者が、ある年は68個も、ある年は超ビッグサイズのどん兵衛を持ち帰った「どん兵衛どろぼう事件」とは? 爆笑あり涙あり驚きありの『M-1』の事前番組『超お宝映像で振り返る!M-1衝撃の瞬間SP』を無料配信中