あの美声アイドルたちがミセス&BiSHらのヒットソングを熱唱 フロア爆沸き必至「ノイステカラオケ大会」開幕

公開: 更新: ABCマガジン

©ABCテレビ

「ノイミー」ことアイドルグループ・≠ME(ノットイコールミー)の蟹沢萌子、川中子奈月心、櫻井もも、冨田菜々風のカラオケ大会が開幕! Mrs. GREEN APPLE、BiSH、スマイレージ(現「アンジュルム」)、家入レオといった人気アーティストのヒットソングを熱唱したノイミーメンバーに、惚れ直さずにいられない!

ライブハウスさながらのステージや照明などがある、大阪ミナミのカラオケ店「カラオケまねきねこ南海通り店」にやってきたノイミーメンバー。彼女たちは、「自分を応援する時に歌う曲」を1人ずつ熱唱していくことになった。

©ABCテレビ

リーダーの蟹沢萌子が歌ったのは、「ミセス」こと3人組ロックバンド・Mrs. GREEN APPLEの『ケセラセラ』。彼女いわく、この楽曲は「歌とかダンスとかで『あ~自分ダメだな~』とか落ち込んだりする時に励ましてくれる」とのこと。いつも気遣ってくれるメンバーに感謝しながら歌った蟹沢に、グッときたファンは多いだろう。

メンバー最年少で現役高校生の川中子が選んだのは、2023年6月に解散した6人組ガールズグループ・BiSHの『stereo future』。「『ずっと走り続けなくちゃな』と思える、背中を押される楽曲」とのことで、川中子は疾走感あふれるメロディに「今すぐにも駆け出したい!」という気持ちをのせて熱唱した。

©ABCテレビ

「アイドル」を全身全霊で体現する櫻井は、女性アイドルグループ・アンジュルムが改名前のスマイレージ時代にリリースした『タチアガール』をチョイス。「ポジティブが詰まった楽曲」とのことで、櫻井はキュートな歌声と振り付けを披露! 「イエ~イ! みんな盛り上がってる~!?」とノリノリな彼女に、他のメンバーたちも盛り上がった。

カラオケ大会のラストを飾ったのは冨田菜々風だ。彼女が選んだ楽曲は、人気ドラマの主題歌にもなったシンガーソングライター・家入レオの『未完成』。「自分に寄り添ってくれる」というこの楽曲を、冨田はエモーショナルに歌い上げた。彼女の歌声に他のメンバーは感動し、お笑いトリオ・トンツカタンの森本晋太郎も「染みるねぇ……。くらうねえ、この歌声は……」とコメントした。

X(旧Twitter)上でも、「このレベルはもう歌番組だよね」「カラオケ企画、フルで見たいです」「カラオケ企画、選曲の理由も歌声も素敵で贅沢な時間でした もっと聴きたい!!」「やっぱりカラオケはいいなぁ。メンバー全員見たい!」といった声が続出した。

©ABCテレビ
©ABCテレビ

なお、ノイミーメンバーのカラオケ映像は、≠ME初の地上波冠レギュラー番組『ノイミーステーションTV』12月1日深夜放送回で公開された。動画配信サービスTVerで無料配信中の同放送回では、埼玉の人気アクティビティ施設での空中浮遊ロケで、映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』の世界観を体感した様子や、「ノイステ応援団」チアチームの初練習に密着した映像も見られる。

©ABCテレビ

「このレベルはもう歌番組だよね」「フルで見たいです」などとファンを沸かせた「ノイステカラオケ大会」。美声過ぎるノイミーメンバーに惚れ直さずにいられない冠レギュラー番組『ノイミーステーションTV』を無料配信中