“戸田れい”が登る!日本一の里山・黒川の絶景&「星」がモチーフの建築物がそびえる山 in 兵庫県

公開: 更新: ABCマガジン

大阪府と兵庫県にまたがる妙見山は、山頂に「能勢妙見山」という寺院があり、地元の人たちに親しまれている低山です。兵庫側のふもとにある黒川地区は「日本一の里山」と称されるほどで、四季折々の自然が楽しめます。最寄りの能勢電鉄妙見口駅までは、阪急梅田駅から電車で約45分。駅から登山口までバスもありアクセスも良好です。そんな妙見山に、グラビアアイドルでシェフでもある戸田れいが登頂!

©️スカイA

アクセス良好で、初心者も楽しみやすい低山。トータルの所要時間は約1時間30分。

今回は約2.8kmの上杉尾根コースで登頂。登山口からほどなくして、足場がごつごつした山道を進んでいきます。その昔に妙見山の信仰者が道標に建てたという灯篭を目印に、しばらくすると日本一の里山・黒川が望める絶景ポイントに。平安時代から続く歴史ある里山で、茶会の最高級品・一庫炭の生産地として栄え、希少な台場クヌギを整備した自然と人の手が生み出した美しい景色が広がります。

©️スカイA

黒川を望む場所から少し登ったところにある、大阪方面が見渡せる見晴らしのいいベンチでひと休みを。ここからは、スギ・ヒノキが広がる急勾配が続きます。

©️スカイA

急坂を10分ほど登ると、1200年の歴史ある日蓮宗のお寺・能勢妙見山に到着。妙見(美しい姿)という字から芸能の信仰が厚いことでも知られています。境内にそびえる不思議な建物は、妙見山のシンボル・信徒会館「星嶺」です。法要・法話などの会館として1998年に建てられ、信仰のルーツである「星」をモチーフにデザインされています。

©️スカイA

この続きを読みたい方は旅サラダPLUS「https://tsplus.asahi.co.jp/articles/travel/9756/
山頂で頂く絶品“頂きメシ”やロケウラ話、登山に役立つオススメアイテムは「登山で頂きメシ!」番組HP「https://sky-a.asahi.co.jp/special/itadaki-meshi/」をご覧ください!