「新NISA」ってノーリスクで儲けられるの? 「投資は○○が基本」「絶対に○○しない」専門家がぶっちゃける

公開: 更新: ABCマガジン

©️ABCテレビ

物価高騰や増税といった日本国民にとって苦しい状況が続く中で、2024年1月から始まる新しい「NISA(少額投資非課税制度)」に注目が集まっている。はたして、これまでのNISAとは何が違うのか? 「1800万円が2倍3倍になる」と語る評論家がいるが、本当なのか?

©️ABCテレビ

そもそも「NISA」とは、株式や投資信託で得られた利益が非課税になる、個人の資産運用を応援する制度のこと。投資で10万円の収益が得られた場合、通常は課税で約8万円しか受け取れないが、NISAを運用すると非課税なので丸々10万円を受け取ることができる。ちなみに現行のNISAは、「つみたてNISA」と「一般NISA」の2つだ。特に前者は、年間の投資上限が低くて非課税期間が長いため、リスクが少なくて初心者におすすめだ。

©️ABCテレビ

2024年1月からスタートする新しいNISAは、従来のNISAを「かなりパワーアップしたものだ」と経済アナリスト・森永康平氏は語る。新NISAは、従来に比べて年間投資上限と生涯投資上限が格段にアップし、非課税期間が無期限になり、制度の併用も可能になる。制度が変わっても、自分に合わなければもちろんいつでも辞められる。

©️ABCテレビ

新NISAの運用で大きな収益が期待できそうだが、ノーリスクではない。「儲かった時(の利益)は非課税だけど、損した時は国が補填してくれるわけではない」「投資なので、要は自己責任というのは理解してほしい」と森永氏は説明した。

©️ABCテレビ

NISAや新NISAについて、他の専門家たちはどう考えているのか? 「そもそも投資って、どういうふうにやるかというと……」と切り出したのは、経済評論家の髙橋洋一氏だ。髙橋氏いわく、「自分で関与できる・見える・株式をよく知っているところ(に投資するの)が基本。不動産とか」「だから、なんだかわかんない金融機関の商品は買わない。」とのこと。

©️ABCテレビ

一方で京都大学大学院教授・藤井聡氏は、「NISAはいろいろ考えましたけど、僕はやりません。」という。株式市場を管理できるほどの経済政策をしていない政府を、藤井氏は猛烈に批判して、「僕は絶対に投資しない!」と宣言した。

さまざまな意見があるが、もともとのNISAが良い制度であり、パワーアップすることは間違いない。なお、NISA関連について紹介された情報バラエティ番組『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』11月4日放送回は、動画配信サービスTVerで無料配信中だ。ほかにも同放送回では、犠牲者が増え続ける中東の紛争問題や、李克強前首相の急死と中国経済についても学べる。

©️ABCテレビ

ノーリスクではないけど大きな収益が期待できそうな新NISA、あなたは2024年から始める? 新制度の内容がよくわかり、投資を勧める政府への専門家のツッコミに共感間違いなし。情報バラエティ番組『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』を無料配信中