恋愛偏差値が低いワケあり男女7人が織り成す愛の物語 『アイのない恋人たち』

公開: 更新: ABCマガジン

「愛がない」「見る目(eye)がない」「自分(I)がない」…それぞれにアイが欠けている者たちによるラブストーリー

ドラマ「アイのない恋人たち」は、2024年の東京に生きるアラサー男女7人が、それぞれにワケアリな恋愛観や家族の問題を抱えながらも出会い、触れ合い、愛し合おうとする物語です。7人は恋愛にまるでいい思い出がなかったり、過去に大きな失恋を経験したりと、それぞれの理由により恋愛と距離を置き恋人もいない状況。SNSやアプリで繋がりやすくなったこの時代だからこそ、孤独を感じ、不安や苦悩と向き合っています。そんな彼らが求めるのは「人とのつながり」、言い換えれば「愛」でしかない…
登場人物が人を愛することで生まれ変わり、新しいステージへ進んでいく「ラブストーリー」をお届けします。

福士蒼汰が演じる主人公は「愛のない男」…初となる遊川作品で、恋愛偏差値が低すぎる男を演じる!

主演の福士蒼汰は、2011年に俳優デビュー。数々の話題作に出演し、2023年夏には『THE HEAD』Season2(Huluオリジナル)で初の海外進出を果たすなど、幅広く活躍。2024年初夏には大森立嗣監督によるW主演映画『湖の女たち』の公開が控えています。そんな福士が今作で演じるのは33歳の売れない脚本家、久米真和(くめまさかず)。バイトをしながらも、テレビの世界で成功することを信じています。独身で、彼女もいないのは、真和が基本的に「3回会った女性とは連絡を絶つ」と決めているから。後腐れない関係でいられる相手をアプリで見つけては、出会いと別れを繰り返す日々。心から人を愛することからも、愛されることからも逃げているため、友人からは「愛がない男」と呼ばれている。これまで福士が演じてきた主人公とは一味違う、恋愛相手としては難ありのキャラをいかに演じるのか、ぜひ注目してください。脚本は、『魔女の条件』『GTO』『女王の教室』『家政婦のミタ』『同期のサクラ』など数多くのドラマで、その時代が直面する社会問題をテーマにおきながら、極上のエンタメやラブストーリーを描きヒットさせてきたヒットメーカー・遊川和彦。「人生の節目」で悩むアラサー世代の男女7人がどう関わりを持ち、それぞれの悩みや問題と向き合っていくのか。オリジナルストーリーによる、リアルな愛の物語にご期待ください。

【福士蒼汰 コメント】

Q.今作の出演が決まった際の感想は?

数々の名作を生み出されてきた脚本家の遊川和彦さんとご一緒できることを、大変光栄に感じています。一筋縄ではいかない作品になると思いますが、アラサーの男女7人が繰り広げる群像劇が楽しみでなりません。

Q.演じられる真和は「愛のない男」という役柄ですが、どういったところを意識して演じたいですか。

真和については役を演じながら得られる感覚も多いと思うので、その場に流れる空気を大切に感じ取って演じたいと思います。同世代だからこそ覚える共感と、真和の独特な人柄を表現できればと思います。

Q.視聴者の皆様へメッセージをお願いします。

アラサー男女が持つ人生観や結婚観があまりにリアルで、今一番“心”に突き刺さる作品になると信じています。これから30代になる人、今30代の人、そして30代を経験された人、それぞれのアングルから見て感じていただけるよう全力を尽くします。僕自身も、これからどんな作品に成長していくのか楽しみです。

【福士蒼汰 プロフィール】

ふくし・そうた♦1993年5月30日生まれ、東京都出身。2011年に俳優デビュー。近年の主な主演作には、『NoMAD Workout FUKUトレinNY』 (U‐NEXTオリジナル) 、『弁護士ソドム』(テレビ東京系)など。2023 年には『THE HEAD 』Season2(Huluオリジナル)で念願の海外進出を果たした。また、シーズン1 での好演が話題となったドラマ『大奥』Season2(NHK)に現在出演中。2024年初夏にはW主演映画『湖の女たち』の公開が控えている。

【遊川和彦 コメント】

この物語に登場するのは、恋愛偏差値の低い人ばかりです。

人を愛することから逃げていたり、誰にも受け入れてもらえなかったり、

恋愛する余裕がなかったり、一人でいる方が楽だと思ったり、

そもそも恋愛経験が全くなかったり…。

そんなアラサーの男女が、過去と将来の自分に想いをはせ、孤立感と戦いながら、

不器用に、でも懸命に生きていきます。ぼくは今、彼らが愛おしくてなりません。

「大奥」の福士蒼汰さんは、本当に素晴らしかった。

この作品が負けないくらい、彼にとっての新境地になれば。

【遊川和彦 プロフィール】

ゆかわ・かずひこ♦ 1955年、東京都生まれ。1987年に脚本家デビューして以来、さまざまな話題作、大ヒット作を生み出す。スペシャルドラマ『さとうきび畑の唄』で文化庁芸術祭大賞、ドラマ『女王の教室』で向田邦子賞など受賞作多数。近作に『同期のサクラ』『35歳の少女』『となりのチカラ』『家庭教師のトラコ』など。

アイのない恋人たち

2024年1月スタート 毎週日曜よる10時(ABCテレビ・テレビ朝日系)