笑い飯・西田が引っ越しを決意した理由にスタジオ爆笑! チュートリアル・福田が家を買わない理由とは? 芸人がガチで物件を探すシリーズ第二弾「100日後に家を買う田崎」スタート

公開: 更新: ABCマガジン

©ABCテレビ

芸人が家を買う企画が新シリーズへと突入した。およそ1年前にスタートした第一弾では、令和喜多みな実河野良祐が関西の様々な物件を見て回り、実際にマイホーム購入に至っている。この企画を見て藤崎マーケットの田崎佑一が「俺もマイホームを買いたい」と名乗りをあげ「100日後に家を買う田崎」という企画が実現した。

©ABCテレビ
©ABCテレビ

田崎には3歳になる子どもがいるため、小学校入学までに住む場所を決め、転校しなくてもいいようにしたいというのが家を買いたい理由だそう。すると同様に子を持つスタジオの笑い飯西田幸治は、自身が家族で暮らしていたマンションを階下の住人からの苦情で引っ越しを余儀なくされたというエピソードを披露した。子どもが走ったりする音が騒音トラブルに発展することは都会暮らしではある話だが、西田の子どもはそれどころか椅子の上から2リットルの水のペットボトルを投げ落として一日中遊んでいたそうだ。下から苦情が来たためさすがに注意をしたところ、今度は常にかかとを上げながらそっと歩くようになってしまったため、引っ越しを決意したという。

スタジオゲストのチュートリアルの2人は、徳井義実はマンションを購入済みだが、福田充徳はまだ購入していない。その理由として福田は、近年中古でも物件の値段が上がりすぎており、それなら新築を買おうと思っていることと、現在住んでいるエリアから出たくないため、近辺で新築ができるのを待っていたらなかなかできないことを挙げていた。

©ABCテレビ
©ABCテレビ

徳井は“持ち家不要派”だったそうだが、「たまたまいい感じのがでてきたから一旦買うか」という理由で購入に至ったそう。結局は、家探しはタイミングがすべてということのようだが、藤崎はベストなタイミングで良い物件と出会うことができるのか? 初回は「同期のかまいたちばりに売れたら」「もう1回『ラララライ』並みに当たれば」「大阪で地に足つけて舞台に出続けられれば」といった“活躍度”別に物件が紹介され、藤崎も目を輝かせていた。

©ABCテレビ

100日で実際に物件購入することを目標に現実に直面する田崎の様子は、海原やすよともこ司会のバラエティ番組『やすとものいたって真剣です』10月26日放送回で紹介。動画配信サービスTVerで無料配信中の同放送回では、その他にもすゑひろがりずの2人が東海道の関所とグルメを探す「東海道五十三次ドライブ旅」も見ることができる。

©ABCテレビ

笑い飯・西田が引っ越しを余儀なくされた理由に爆笑の「100日後に家を買う田崎」は、バラエティ番組『やすとものいたって真剣です』で無料配信中