ついに最終回を迎える『●●ちゃん』。撮影秘話から、「不倫ちゃん」こと真湖を演じきってみて大久保桜子が変化したこと(!?)まで、存分に語っていただいたインタビュー後編を公開!/『●●ちゃん』最終話

公開: 更新: ABCマガジン

©ABCテレビ

10月22日の最終回を目前に、大久保桜子さんインタビュー後編をお届け! 共演した増田有華さん、秋山ゆずきさんについて、さらには「不倫ちゃん」こと真湖を凌ぐ、ヘンなキャラクター・黒川を演じた田村健太郎さんの印象まで、存分に語っていただきました。

 

――共演された増田有華さん、秋山ゆずきさんの印象はいかがでしたか?

「私が人見知りしちゃうタイプなので、最初はあまりうまくしゃべれなかったんですが、増田さんがいじってくださって距離がどんどん近くなって(笑)。私はよく増田さんにくっついていたのですが、“近い近い!”ってツッコまれていました(笑)。最初は年齢の近い“お姉さん”という感じだったのですが、今では“お姉ちゃん”に距離感が縮まったように感じています。

©ABCテレビ

 秋山さんは、最初は同い年くらいだと思い込んでいたんです。映画『カメラを止めるな!』のイメージもあったので、とてもクールだと思っていたんですが、お話をしてみるとすごくかわいらしくて、でもお話をすごく聞いてくださって…ちゃんとお姉ちゃんでした(笑)」

©ABCテレビ

――第3章「不倫ちゃん」で真湖が恋に落ちる黒川役を演じた田村健太郎さんの印象は?

「今作の本読みのときに初めてお会いしたのですが、その時はお話しする機会がなくて。ただただ役のセリフを言い合うだけでしたので、私の中のイメージが田村さん=黒川になっちゃって、勝手に“田村さんはヤバいな、ヘンな人だ!”と自動変換されちゃって…。こんなに不思議な人と仲良くなれるかな?と心配していたんですが、撮影に入って実際にお話ししてみたら、田村さんご本人はとても優しくて素敵な人でした! 常にお芝居に真剣に向き合っていらっしゃって、本当にお芝居が好きなことが伝わってきました」

©ABCテレビ

――誤解(?)がとけて良かったです。ただ、それくらい黒川がよほどヘンな役柄だった、と?

「はい。台本を何度読んでも、黒川さんのことを理解できなくて。ほかにも彼女がいる中で、真湖に本気で気持ちをぶつけてくるのですが、私自身は全然“嬉しい!”と思えなくて。“なんだそれ⁉”って笑いがこみ上げてきちゃう瞬間が何度もありました(笑)」

 

――その黒川役を、田村さんが完全になりきって演じていたわけですね。

「田村さんご本人が言わなさそうな“シンデレラ”とか、“お姫様”といったセリフがどんどん飛び出すので、ものすごくギャップがあるんです。最終話にかけて、田村さん(=黒川)がすっごくマジメに真剣に、とんでもないセリフを浴びせてくるので、コミカルで見ごたえもあると思います」

 

――『●●ちゃん』の撮影を通して、大久保さんご自身に変化はありましたか?

「ありましたね。作品のテーマに“自分自身を大事にしよう”というメッセージも込められていて、私自身は自分のことを大事にできているのかな?と考えたときがあって。真湖を通して、撮影を重ねるにつれて、もっと自分を大事にしてあげないとって、これまでに考えたことのなかったことを考えるようになりました」

©ABCテレビ

――ふむ。『●●ちゃん』では女性に響くセリフが随所にちりばめられているように感じます。

「セックスちゃんにも高学歴ちゃんにも、それぞれにどこか共感できる魅力がしっかりと描かれていて、自分を大切にすることに気づくヒントもあるんじゃないかなって思います。私が演じた真湖は、ナンバーワンになりたいわけではないんです。1位や2位という順番ではなくて、ただただ私だけを見てほしいという思いがある。その部分に共感してくださる方もいらっしゃると思います」

 

――ところで、大久保さんが幸せを感じるときは?

「私は、ご飯を食べているときに一番幸せを感じます(笑)。ただ、どうしてもお仕事が連日続くと、食べることができなかったり、今作でいうと露出が多いシーンがあると、食事を抜いておこうかなと意識する部分があったりするので、クランクアップした日は自分を大切にしようと思って、好きなものを好きなだけ食べました(笑)」

 

――へええ! ちなみに何を食べたんですか?

「辛いカップ麺がすごく好きなんです。クランクアップの日にカップ麺を2つ食べました(笑)」

<ニノマエヒビキ>

 

プロフィール

大久保桜子

1998年7月20日生まれ。神奈川県出身。2017年に「宇宙戦隊キュウレンジャー」で女優デビュー。その後も話題作に出演を重ね、2023年にはドラマ「●●ちゃん」(ABCテレビ)、ドラマチューズ!「くすぶり女とすん止め女」(テレビ東京系)と立て続けに出演。また、自身3冊目の写真集「candle」を発売し、恋愛リアリティショー「オオカミちゃんには騙されない」(Netflix)にも出演するなど、今後もさまざまな活躍が期待されている。

 

『●●ちゃん』は、毎週日曜深夜0:55~にて放送中(DMM TVにて同時配信、TVerにて見逃し配信)。第1章は、セックスによって他者を理解しようとする史恵(増田有華)の超フリーダムな性生活を描く 『セックスちゃん』。第2章は、東大卒という高学歴の呪いに囚われ、恋愛とセックスで行き詰まる貴子(秋山ゆずき)の衝撃のロマンス 『高学歴ちゃん』。 そして第3章はドラマオリジナルストーリー、既婚男性との不倫セックスでしか自己肯定感を得られない真湖(大久保桜子)の略奪愛憎物語 『不倫ちゃん』のオムニバス作品。