個性豊かなシェフたちの料理バトル エリートVS雑草魂、バンドのボーカルは料理もプロ級!? 「見た目じゃなく作ったもので」金髪トレーナーシェフ!? エビ料理に革命を起こせ!

公開: 更新: ABCマガジン

©ABCテレビ

優勝賞金1000万円。次世代のスター料理人を発掘する『ザ・プレミアム・モルツpresents CHEF-1グランプリ2023』。今大会から料理ジャンル別エントリーで戦われており、3回戦ではいよいよ【各ジャンルのNo.1シェフ】が決定する。

料理ジャンルは、「日本料理」「フレンチ」「中国料理」「イタリアン」「韓国料理&アジア料理」「スパニッシュ&中南米料理」「フードクリエーター」「ジャンルレス」の8つ。2回戦までを勝ち上がった各ジャンル5名ずつのシェフが対決する。

3回戦のテーマは「エビ料理に革命を起こせ」。エビと言えば日本人にとっても馴染みが深く、どのジャンルでも扱われ、食べ尽くされているが、その食材で革命的な料理を生み出すことができるのか!? 料理ジャンル別に繰り広げられた熱い戦いの模様を、参戦したシェフの横顔とともにお届けする。

©ABCテレビ

熱戦を見守るMCの山里亮太、スペシャルサポーターのさや香の2人も、次々に飛び出す驚きの料理に興奮を抑えきれない。

©ABCテレビ
©ABCテレビ
©ABCテレビ

そして3回戦からは、最強の審査員軍団としてレジェンド級の超一流シェフたちが審査員として登場。その辛口のコメントにも注目だ! 激戦を勝ち抜き準決勝に駒を進めるのは8名のみ。日本のTOP8、ジャンル別No.1シェフの座を勝ち取るのは誰か、それが明らかになる‼

©ABCテレビ

各ジャンルに登場するシェフの顔ぶれは個性派揃い

2年連続準優勝、リベンジに燃えるあのシェフも!

人生をかけたバチバチのジャンル別予選。今大会最多100人を超えるエントリーの大激戦区「フレンチ」の頂点を巡る戦いは、エリートシェフvs雑草魂の対決に。エリートとは、世界最高峰のグランメゾンを代表してやってきた2名。16年連続ミシュラン3つ星『ガストロノミー ジョエル・ロブション』のスーシェフ・根本郁弥と若き肉料理担当・小島広夢だ。エリートに立ち向かう雑草は、異彩を放つ経歴のフリーの料理人・秋山雄毅。育ての親が中学の担任という若き料理人は、現在は出張料理を中心として小さなワンルームのキッチンでレシピの研究を重ねている。ただの王道では勝てない、革命が求められる戦い。No.1に輝くのは、エリートか、雑草か!?

©ABCテレビ

有名料理研究家やフードコーディネーター、さらには人気バンドのメンバーまで、さまざまな肩書を持つ料理人が揃ったのが「フードクリエーター」部門。再起をかける料理研究家・寺田真二郎が考えた渾身のエビ料理は、タイ料理を土台にして「海外旅行に行った気分にさせてくれる」(堀江)と高評価。そこに待ったをかけるのは、音楽で培った独創性と料理への強い情熱を併せ持つ、人気ソウルバンドWONK(ウォンク)のボーカル・長塚健斗のひと皿だ。なんと甘エビの“殻”をメインにしたカナッペで勝負に出た。持ち込んだ最新の調理器具を使い、驚きの料理を作り上げたのは丸山千里。エビの料理を口に入れ、その直後に香り付けした日本酒を流し込み、口の中で完成させる、新しいトムヤムクン……。果たしてその評価は!?

©ABCテレビ

「日本料理」では、和食のレジェンド、最強の審査員・神田裕行が挑戦者の前に壁となって立ちはだかる。最初に挑むのは、金髪にトレーナーで割烹着を着ない本多修太30歳だ。料理の基礎を和食で鍛え上げ、現在は昨年の準優勝シェフ・山下泰史のもとで和食以外の多彩な料理技術を修業中。使うのは開いた牡丹海老、深海魚ムツの肝ペースト、甘エビ。2種類のエビを使った斬新な天ぷら料理だ。創業97年の愛知の老舗料亭「か茂免」の料理長・猪口真弥も驚きの発想を披露する。車海老のなめろう×大福生地。「おつくりをデザートのような感覚で」提供する。神田の厳しい評価を超えて、次のステージの切符を掴むのは誰だ!?

©ABCテレビ

「スパニッシュ・中南米料理」部門では、審査員も驚く、珍しいエビ「カラビネーロ」が登場する。深い甘みと濃厚な味噌が特徴のスペイン原産の高級エビだ。そこに3つの調理法を掛け合わせ、フレンチのレジェンド関谷健一朗をして「海老の旨味をちゃんと一匹使い切った」と言わせたシェフは!? 

©ABCテレビ

「イタリアン」では、審査員・神田から驚きの一言が放たれる。「感激しました。いろいろと海老料理食べたけど、ダントツNo.1です」。エビとデザートの融合という発想で「見た目からワクワクする」とも。絶賛を勝ち取ったのは!?

©ABCテレビ

「韓国・アジア料理」ジャンルでは「非常に美しい料理」(神田)が登場する。使われたのはニューカレドニア産の天使の海老。松の実やクミンを合わせてオーブンで焼き上げ、クスクスの上へ。エビの殻やコリアンダーで作ったアメリケーヌソースを添えたひと皿。そんな美しいひと皿が生み出された背景は何なのか? シェフの経歴にも注目だ。

©ABCテレビ

そしていよいよミスターCHEF-1、2年連続準優勝!博多の破天荒シェフ、山下泰史が「ジャンルレス」部門に登場する。素材を最大限活かすために余計な味付けは一切しない。独創的な攻めの料理で過去2回も審査員たちを唸らせてきた異才。リベンジを誓う山下が今回作るのは“味が変化し続ける海老料理”だという。選んだのは車海老だ。今回も圧倒的な力を見せつけるのか? ついに完成された料理が姿を見せる。審査員の評価はいかに……。

©ABCテレビ

最後は「中国料理」だ。ここにも審査員が「おお〜」と声をあげる驚きの海老料理が登場した。オマール海老の味噌やテール、チリソースやクリームチーズを使い、中国料理の技でその旨みを最大限に引き出しつつ構築した料理は「海老のモンブラン」。その仕上がりと味わいはいったいいかなるものか!? 興奮は最後まで覚めることがない……。

©ABCテレビ

熾烈な予選を勝ち抜いたフレンチ・日本料理・中国料理などのジャンルNo.1シェフ8名を大発表!!『ザ・プレミアム・モルツpresents CHEF-1グランプリ2023
決定!日本のTOP8 ジャンル別No.1シェフ大発表SP』は10月15日(日)午後1時55分〜2時50分(ABCテレビ・テレビ朝日系列で放送 ※一部地域を除く)

各ジャンルの戦いの様子はTVerで配信中!!(※空腹時の閲覧はご注意ください!)