阪神・オリックスは余裕がある!?ヤクルトは“とにかく”〇〇が欲しい!?レジェンドOBが2023年ドラフト会議を予想!

公開: 更新: ABCマガジン

スカイAで第4回仮想ドラフト会議が放送!

プロ野球ドラフト会議の直前に、プロ野球レジェンドOBたちが各球団のドラフト戦略、注目選手を徹底解剖!今年はレジェンドOBに古田敦也氏、福留孝介氏、五十嵐亮太氏、鳥谷敬氏が出演し今年のドラフト1位は誰なのか展望しました!

©️スカイA

ヤクルトは“とにかく”〇〇が欲しい!?リーグ優勝球団は余裕がある!?
番組は昨年のリーグ覇者ヤクルトの補強ポイントに注目。“とにかく”即戦力ピッチャーが欲しいはずとの予想に、古田敦也氏も「”とにかく”に力が入ってますね」と突っ込んだ。また、リーグ優勝した両球団については、「チームも若くまだまだ余裕もある。将来のスター選手を育てるためのドラフトでもいいのでは」と述べました。

高卒選手がプロで活躍する秘訣とは!
高卒選手がプロで活躍する秘訣を聞かれ、高卒2年目から1軍に定着し活躍をしていた五十嵐亮太氏は「2、3年後に活躍しようではなく早く1軍で野球をしたいという気持ちを持って練習をするべき」と答えた。そのほか、大阪桐蔭・前田悠伍選手、花巻東・佐々木麟太郎選手など注目選手についても分析しました。

即戦力の多い大学生ピッチャー
最速158キロ、注目のサウスポー東洋大・細野晴希選手の投球フォームについて、五十嵐亮太氏が実演解説。力感なくボールを投げるフォームに、古田敦也氏も「先発でも中継ぎもいけそう」と評価を上げました。

ENEOS・度会隆輝選手のスイングフォームを実演
元ヤクルト・度会博文氏を父親に持つ度会隆輝選手の打撃フォームを分析。福留孝介氏は「ボールを打つ瞬間にスイングスピードを上げることができ、無理に身体で打ちにいこうとしない」と実演解説をした。そのほかにも父・度会博文氏との現役エピソードを語りました。

©️スカイA

番組後半でドラ1候補について話し合うレジェンドOB。

この番組をもう一度見たい方は番組ページへ!https://sky-a.asahi.co.jp/category/baseball/4000025/

2023年ドラフト会議をもっと知りたい方は番組特設サイトへ!https://sky-a.asahi.co.jp/special/draft2023/