さや香・新山が番組MCするときの必須アイテムは●●●

公開: 更新: ABCマガジン

シェフNo.1決定戦「ザ・プレミアム・モルツ presents CHEF-1グランプリ2023」

(ABCテレビ・テレビ朝日系列で全国ネット放送)決勝を10月22日(日)よる6時に控え、現在TVerでは3回戦の激闘を絶賛配信中です。大会詳細は公式サイトでご覧ください!

©️ABCテレビ

「CHEF-1グランプリ2023 3回戦」

MC:さや香、久代萌美 審査員:神田裕行、関谷健一朗、田村亮介、堀江純一郎

今大会から料理ジャンル別エントリーで戦われている「CHEF-1グランプリ」。3回戦は、みごと2回戦を勝ち上がってきた「各料理ジャンルTOP5」のシェフたちの戦い。この勝負を勝ち抜き、各ジャンルNO.1になった者だけが次の準決勝に駒を進めることができます。3回戦のテーマは「エビ料理に革命を起こせ!」。そしてその戦いと審査の様子を間近で見届け、ずっと応援してくれていたのがスペシャルサポーターのさや香のお二人。ここまでの熱戦を振り返っての感想は!?

 

©️ABCテレビ

Q.さや香のお二人は審査員の方々のすぐ横で、試食審査に立ち合ってきたわけですが、審査員の先生方の厳しさや優しさなども含め、どのように感じましたか?

石井 3回戦からは審査員がもう超一流のシェフの方たちですから。神田さんなら日本料理、関谷さんならフレンチ、堀江さんであればイタリアン、田村さんなら中国料理……と、それぞれの審査員が専門とされているジャンルのときは特に緊張感がありました。かと思うと、ジャンルによっては決められた時間で審査が終わるときもあれば、結果が出るまでめっちゃ時間がかかったジャンルもありましたし。そういうジャンルごとの違いというのもあって面白かったですね。

新山 「あの人がこの違うジャンルで出ていたら!」みたいな人もたぶんいてるなという、ジャンルの妙みたいなこともありましたね。たとえば、今回は前回準優勝の山下さんがジャンルレスで出場してる、とか。そういう見どころもあります。

 

Q.今回のテーマの中に「革命を起こせ!」というのがありました。果たして革命は起こっているか、ということで審査はかなり紛糾していたようですが?

新山 いや、革命って最終決戦のテーマとちゃうんかなと。もし3回戦で革命起きたら、今後のテーマはどうなるん?というね。実際、審査員の先生もそこのところで悩んでいるシーン多かったと思いますし、出場者もその言葉をどう捉えるかということで苦心していたのは、すごく感じましたね。

©️ABCテレビ

 

Q.さや香のお二人は実際に審査員が試食されている横で、じっとその表情をご覧になっていたわけですが……。

新山 食べられると思って来てたのに、僕らまだ1回も食べられてなくて……。ずっと美味しそうな話だけ聞いている状態なので、お腹ペコペコで、想像が膨らんでます。

石井 次からですかね、僕らもちょっと食べられると聞いていますが……。でも、見ていても色々なジャンルがあって、食べたらどんな料理なのか一切予想がつかないですね。審査する方はきっと比べるのも大変ですよ。その上それが革命なのかどうかとか……めちゃくちゃ楽しいです。

 

Q.お二人があえて「これ食べてみたかった!」っていう一皿をあげるとすれば?

新山 いっぱいあるので難しいんですけど、やっぱりジャンルレスの山下さん。トップバッターやったけどもう完全に勝ったのでは?と思わせた山下さんの料理、食べてみたいです。前回準優勝。僕らもM1での同じ準優勝組として、なんか気持ちも入ります。

石井 あとフードクリエイター丸山さんの、口中調味? 口の中で料理が完成するん?というやつも、未知という感じなので楽しみですよ。想像つかない料理ですから。

 

©️ABCテレビ

Q.スペシャルサポーターとして、出場者の方々に接して応援していて、その様子はいかがでしたか?

石井 ほんまいろんな方がいるんやなと。気合い入りまくって気持ちが溢れている人もおりましたし。「M-1グランプリ」と一緒で、いろんな人が出場してて、みんなそれぞれ違うからいいし。審査員にもなんか巨人師匠みたいなツッコミする人おるし。愛の鞭というかそういうのもあったんで、見ている人はたぶんそれぞれに応援できるでしょう。なんかこの人の人柄がいいなとか、そんなふうに見ていただけたらと思いますね。

新山 僕は審査員の方の人柄がすごいなと。皆さん、ほんと一流のシェフなのにめっちゃフレンドリーというか。僕らにも本当にフランクに喋っていただいて。やっぱり普段お客様に完璧なサービスをされてる方たちなので、一流ってこうなんやなと、真面目な話なんですけど、びっくりしました。

 

Q.収録に立ち会うことは芸人としてもプラスになることが多い(笑)?

新山 そうですね。MCやるときは眼鏡がいるなっていうのを学びました。両目で0.6ってスタッフさんが出す「カンペ」がよく見えん、すごい微妙なラインやぞと。

石井 おい、(記者の人たち)誰もメモとってへんぞ。

 

©️ABCテレビ

Q.最後に、いよいよ次の準決勝に出場する方たちにエールを。

新山 次(準決勝)はけっこう広めのスタジオになると思うので、眼鏡の度数をちゃんとあげるようにしようと。

石井 そうですね。「M-1」同様、たぶんその日の出来とか、順番とかもあると思います。でも、厳しい審査やからこそ、楽しい、面白い、すごいものっていうのも出てくると思うので頑張っていただきたいです。料理界の巨人師匠にパンパンにされることなく、みんなのお腹をパンパンにしていただきたい!

新山 おー、いつから考えてたん、それ? おあとがよろしいようで。ありがとうございました!

 

「ザ・プレミアム・モルツpresents CHEF-1グランプリ2023 3回戦」TVerで配信中

準決勝へ進出する8名を決める大事な戦い。8つのジャンルのTOP5シェフがそれぞれジャンルNo.1を目指してしのぎを削る

MC:さや香、久代萌美 審査員:神田裕行、関谷健一朗、田村亮介、堀江純一郎