大阪と兵庫の県境付近を流れる川に“謎のトンネル”があるのなんでやねん!?  A.B.C-Z河合郁人&初参戦のA.B.C-Z五関晃一という迷コンビが見せた珍道中にスタジオ大爆笑の連続 古川アナとの入れ替え狙う五関の推理は何点!?

公開: 更新: ABCマガジン

©️ABCテレビ

A.B.C-Zの五関晃一が「なんでやねん!?」のロケに初登場。同じくA.B.C-Zの河合郁人とともに兵庫県猪名川町の山奥に存在する「謎のトンネル」の正体に追った。VTRの冒頭からボケを連発する五関と、ツッコミを入れる河合の掛け合いに、スタジオは笑い通しだった。

©️ABCテレビ

この日、ABCテレビの古川昌希アナウンサーが『news おかえり』の代打MCを務めるため、「なんでやねん!?」スタート以来11年目で初めてロケを欠席。古川アナの代わりに河合とコンビを組んだのがコーナー初参戦の五関だ。特別ゲストとして姿を現した五関は、開口一番「止んだっぽいね」とロケが始まる直前まで降っていたという雨の話をしだす。河合は先行き不安な様子で「いちいち言わなくて大丈夫よ」とツッコみ、いきなりスタジオの爆笑を誘った。五関はコーナーのことをバッチリ勉強してきたと自信をのぞかせる。

©️ABCテレビ

兵庫県と大阪府の県境付近を流れる「一庫大路次川(ひとくらおおろじがわ)」にあるという謎のトンネルに向かうため歩き始めた2人。数歩歩いたところで、川へ下りる階段の脇に“アユ漁解禁は6月17日から”という看板を発見した五関が「俺の誕生日からだ」と嬉しそうにコメントすると、「どうでもいいから」「変な時間つくんないで」と間髪入れずに河合がツッコむ。今回のロケはなかなか進行が遅そうだ。

©️ABCテレビ

川べりに下りると、すぐ右手に巨大なトンネルが大きく口を開けているのが目に入った。突然現れた謎のトンネルに河合は「え!? あれ……」と驚くが、五関はなぜか真逆の方向を指差し「そんなことより鯉のぼりが……」と割って入る。すかさず「違う!あっち!」と河合はツッコミつつ流れを修正。

©️ABCテレビ

件のトンネルは川の真横に位置し、コンクリートでの舗装もされていない見るからに古い造りで現在は立ち入り禁止になっていた。五関はこのトンネルの正体について「アユ釣りがヒントだ」と推理。ピンときていない河合に五関は「釣り人が険しい行程を通らず安全に行き来できるようにトンネルを掘ったのでは?」との説を唱えたが、河合に「そんな簡単な問題じゃない」と一蹴される結果に。

©️ABCテレビ

川の上流から調べることにしたA.B.C-Zの2人。すると河合が何かを発見し、「あれなに!?」と河原を指差す。これに五関は「岩だよ」と芸人顔負けの掛け合いを披露し再びスタジオは爆笑。「違う違うそっちじゃない」「あっちの鉄骨の方だよ」と困りながらも軌道修正する河合は、何かを解体したように散らばる鉄骨に“昔トンネルをトロッコのようなものが通っていたのでは”と推測した。

©️ABCテレビ

さらにこの付近で、下半分が白、上半分が赤に分かれた国旗のようなパネルを発見した2人は、古川アナならどこの国旗かわかるかもしれないということで、『news おかえり』のMC準備で忙しいであろう古川アナに電話。

©️ABCテレビ

電話に出てくれた古川アナ曰く、上が赤、下が白の国旗はインドネシアであることや、「カンボジアの遺跡では、日本の援助で修復をしたことへの感謝の意味を込めて日本の国旗を掲げている」という知識を披露。これを受け2人は「遺跡発掘時に出た土砂を運ぶトロッコのために作られたトンネルなのでは?」と予想を立てた。

©️ABCテレビ

ここで兵庫の歴史に詳しい姫路獨協大学の道谷卓先生に方向性チェックを依頼。しかし、インドネシアは全く関係ないことが分かり、トロッコも走っていないことが判明。振り出しに戻った2人は先生から新たに、下流を調べれば謎のトンネルの正体と、現在使われなくなった理由がわかるというヒントをもらう。

©️ABCテレビ

下流へと向かう道中、2人は謎のトンネルのかわりに新しく作られたと思われるトンネルを通ったのだが、そこには「龍化隧(ずい)道記念碑」と彫られた石碑が立っていた。隧(ずい)道というのはトンネルのことだが、これを2人は「龍化隊(たい)道」と読んでしまう。

©️ABCテレビ

五関が「龍化隊ってのがいたんじゃない?」というと、河合も「あ!なるほど!」と同調。 「戦時中に“龍化隊”が敵に見つからないようにトンネルを使って進軍していたのでは?」と新たに予想を立てた。

©️ABCテレビ

さらに下流へと進み、一庫公園にあった掲示板で2人はこの周辺が銀や銅の産地であり鉱山だったことを知る。五関は兵士だと思っていた“龍化隊”は実は鉱員で、トンネルは採掘終了を機に使われなくなったのではと最終的に予想した。「100点間違いなし!」と自信を見せた河合&五関だったが、道谷先生の評価は「0点」。「まったくかすりもしていない」と言われてしまった。

©️ABCテレビ

道谷先生が見てほしかったヒントは、公園の先に見える一庫ダムだった。謎のトンネルは1916年に作られた旧国道173号線であり、大阪・池田から丹波篠山を繋ぐ重要な道だったのだそう。しかし、昭和30年代に人口増加の影響で深刻な水不足が起き、その解決や洪水対策のために一庫ダムが作られた。

©️ABCテレビ

謎のトンネルは、それによってダム湖に沈んだのだという。普段は湖中で見えないのだが、水量が少ない夏場にだけ顔を出すのだそう。国旗だと思っていたパネルも、最大水位を示すものだった。

©️ABCテレビ

「古川さんの電話が余計だった」「騙された」と終始古川アナに責任をなすりつけようとしていたA.B.C-Zの2人が謎のトンネルを調査した情報番組『news おかえり』の人気コーナー「古川×河合のなんでやねん!?」10月3日放送回は、動画配信サービスTVerにて無料配信中。なお『news おかえり』は、毎週月曜~金曜午後3時45分よりABCテレビで放送されている。

©️ABCテレビ
©️ABCテレビ