『ポツンと一軒家』が火事で焼失 鎮火に消防車5台6時間以上…親子二世代の酪農家の未来は?

公開: 更新: ABCマガジン

©️ABCテレビ

2022年の秋に火事で燃えてしまった、北海道の山奥にポツンと佇む一軒家。親子二世代で牧場を営む元住人たちは、自宅が燃えても酪農を続けている。彼らいわく、当時の火災は鎮火に6時間以上もかかる大事件だったという。

©️ABCテレビ
©️ABCテレビ

東京ドーム6個分の広大な牧場で、70頭もの乳牛を飼育している親子二世代の酪農家。父親は75歳、息子は44歳で、それぞれの妻も牧場の仕事を手伝っている。親子二世代が過去に住んでいた一軒家は、牛舎のすぐそばにあった。築27年で一軒家にしては比較的新しいが、親子は現在ここには住んでいない。牧場の仕事のために、麓町から毎日ここへ通っている。

©️ABCテレビ

その理由は、彼らの自宅が2022年11月に火事で燃えてしまったから。焼け残った自宅は、周囲に足場を組んで解体工事中だ。親子いわく、火災の原因は薪ストーブとのこと。薪ストーブにつながる煙突が昔ながらの構造だったため、「熱で発火したのではないか」という。ちなみにこの薪ストーブは、火災前に設置して約1ヶ月しか経っていなかったのだとか。

©️ABCテレビ

「火がボンボン吹いているから、消火器をあるだけ使った」と、当時の消火活動を振り返った父親。それでも火はなかなか消えなかったのだそう。近くに水場も消火水源もない山奥での火災ということで、最終的には消防車が5台出動して、6時間以上かけて鎮火にあたる事態になった。

©️ABCテレビ

そんな大事件を経たポツンと一軒家は、フルリフォームして2023年10月末に完成する予定だ。完成予定図には、2階建てから平屋に生まれ変わったポツンと一軒家が描かれており、家の三角屋根には煙突が! 「懲りずに薪ストーブも設置します」と、息子は笑いながら語ってくれた。

なお、完成したポツンと一軒家には、酪農業の大半を継承した息子夫婦が住むとのこと。父親たち夫婦は、麓町で引き続き暮らすという。大量の牛の世話は体力勝負であるため、「やっぱり牛舎に近いところに住んだ方がいいでしょ」と、父親もこの件は了承済みだ。家業を継ぐつもりがなかった息子が、今では生まれ育った土地と酪農業を守る決意をしてくれたことに、父親は嬉しそうだった。

©️ABCテレビ

酪農業を営む北海道の親子二世帯が紹介されたバラエティ番組『ポツンと一軒家』10月1日放送回は、動画配信サービスTVerで無料配信中だ。

©️ABCテレビ

東京ドーム6個分の広大な牧場で70頭もの乳牛を飼育している親子二世代の酪農家。ある日、彼らの家が火事で焼失し……!? 彼らの仕事ぶりと息子夫婦の決意に驚くバラエティ番組『ポツンと一軒家』を無料配信中

©️ABCテレビ