『●●ちゃん』第2章完結! 「高学歴ちゃん」のヒロイン・貴子を演じた秋山ゆずきが作品の魅力を語るインタビュー後編/『●●ちゃん』第6話

公開: 更新: ABCマガジン

©️ABCテレビ

10月1日放送の『●●ちゃん』第6話では、逆学歴コンプレックスにとらわれた貴子(秋山ゆずき)の衝撃ラブロマンス「高学歴ちゃん」編が完結! 起業塾で知り合った超高学歴の佐々木(山下航平)と出会い、貴子はついに運命の恋に落ちる…のだが、佐々木の“共同出資詐欺”にまんまとひっかかってしまい…。注目の「高学歴ちゃん」編完結を前に、秋山ゆずきインタビュー後編をお届けする。

©️ABCテレビ

――第5話を拝見すると、貴子の抱える高学歴ゆえの葛藤がありありと伝わってきました。

「ありがとうございます。貴子は高学歴という“鎧”を常に自分に着せて戦い続けてきた女性。その“鎧”で自分を守ってはいるけど、だからこそ高学歴という視点で他人を見てしまう癖もあるんですね。ただそれは、決して武器なんかではなくて、自分を守るために、自分自身を傷つけながら出てしまう言動なんだなと感じながら役に臨みました」

©️ABCテレビ

――貴子という役をつかんだきっかけはあったのでしょうか。 「みんなで読み合わせをしている時に、台本を一人で読んだ際に抱いた印象よりも、貴子は助けられながら、頼りながら変化していく女性だということに気づいたんです。表向きは自分自身が高学歴であることを踏まえて、他人に対しても学歴で判断する言動があるのですが、その実、誰にも頼ることができず無理してきた人。迷惑をかけないように、人に頼らずに、相談もせずに、何でも自分でなんとかしなきゃって自分を固めてきちゃったんですよね。そんな貴子が史恵(増田有華)や真湖(大久保桜子)と関わる中で“もう限界です! 助けてください!”って心から言えるようになっていく物語なんだって。読み合わせが終わった後に、プロデューサーさんが、“貴子が意地悪に映ってしまって愛されなかったら…という懸念があったんですが、秋山さんが演じた時に、この貴子なら愛してもらえる大丈夫!“と言ってくださって。私自身、貴子を演じる方向性が定まったように感じました」

©️ABCテレビ

――劇中では、佐々木(山下航平)との出会いから貴子に大きな変化が生じていきますね。

「運命の恋だと信じ込んだ恋愛を通して、変わっていく自分を経験して、一人じゃ乗り越えられないような壁にぶつかってしまう…その中で、史恵や真湖が“頼ってもいいんだよ”と支えて助けてくれて、自分自身の問題と向き合っていくようになるんです」

――いま改めて印象に残っているシーンは? 「貴子が初めて史恵と真湖に感情をぶつけるようにSOSを出すシーンがあるんです。今回は監督から“物語がわかりやすい分、単調にはしたくない”と聞いていたので、映像での見え方以上に心の動きをしっかり表現しようと心がけました。泣いたり悔しがったりする姿を人前では見せたくないタイプの貴子が、初めて人前で感情を出せた…彼女が変われたタイミングだと思うし、私自身、そのシーンはすごく大切に思っています」

©️ABCテレビ

――…ふむ、『高学歴ちゃん』は、貴子の心の開示の物語でもあるんですね。

「そうかもしれないですね。貴子は、頼ることは迷惑だと思っている責任感の強い女性なんだと思います。だからこそ、そんな彼女が人を頼ることで成長していく、そんな物語だと感じています。そういった面でも、観てくださる方々の中に、自分の心とは違うけれど、他人にはこう見えていなければいけないと感じるようなところがそれぞれにあると思うんです。だけど、限界を超えてまで無理をする必要はないんだよって気づいていただいて、ちょっと心がラクになるヒントを感じ取ってもらえたらうれしいです」

©️ABCテレビ

――貴子にとって変化のきっかけとなった佐々木を演じた山下航平さんには、どのような印象を?

「お互いに鎧を着ている一面があるので、そのあたりも一緒に細かく話し合いながら、貴子と佐々木のシーンを演じられたと思います。…佐々木ってとても女性に慣れているキャラクターでしょう? でもご本人はまったく逆のタイプで(笑)。演じている役は余裕のあるイケメンですが“耳が赤くなっちゃうかも”とか“恥ずかしさが出ちゃうかも”と素直に口に出してくださるので、本当にマジメで素敵な方だな!と思っていました。演技の合間には、“今のシーン、ちゃんと高学歴のバリキャリに見えてます!”とか“イケメンになってましたよ!”とか、お互いに励ましあいながらでしたね」

<ニノマエヒビキ>

プロフィール

秋山ゆずき

1993年4月14日、埼玉県生まれ。モデル、舞台俳優など多彩な活動を経て、2017年に出演した映画『カメラを止めるな』で注目を集めると、数々のドラマ、映画、舞台作品で多彩な役柄を演じる。近作にはドラマ『イケメン共よ 飯を喰え』(テレビ大阪)、『日本統一 関東編』(日本テレビ系)、『正義の天秤 Season2』(NHK総合)、映画『成れの果て』、2023年2月に公開された『湯道』などがある。

『●●ちゃん』は、毎週日曜深夜0:55~にて放送中(DMM TVにて同時配信、TVerにて見逃し配信)。第1章は、セックスによって他者を理解しようとする史恵(増田有華)の超フリーダムな性生活を描く 『セックスちゃん』。第2章は、東大卒という高学歴の呪いに囚われ、恋愛とセックスで行き詰まる貴子(秋山ゆずき)の衝撃のロマンス 『高学歴ちゃん』。 そして第3章はドラマオリジナルストーリー、既婚男性との不倫セックスでしか自己肯定感を得られない真湖(大久保桜子)の略奪愛憎物語 『不倫ちゃん』のオムニバス作品。