大阪・吹田にだんだん広がる“クレッシェンドな道路”があるのなんでやねん!? A.B.C-Z・河合郁人&古川昌希アナ、自信満々の迷推理に歴史探訪プランナーもがっかり「ヒント返せ!」

公開: 更新: ABCマガジン

©️ABCテレビ

A.B.C-Zからの脱退を発表した河合郁人とABCテレビのアナウンサー・古川昌希が、大阪府吹田市に存在するという、だんだん広がる「クレッシェンドな道路」の謎に迫った。コーナー冒頭、ファンがいま最も気になっているであろうことに古川アナが触れる一幕も……。

ロケVTRに行く前に、スタジオで「ひとついいですか」と切り出した古川アナ。皆が注目する中「ちょっとみなさん気になっているかもしれませんが」と続けると、「河合さん、引き続き『なんでやねん!?』ご出演いただけます!」とアナウンスした。河合が先週、今年12月21日をもってグループを脱退することを発表したことを受けての言葉だったが、スタジオからは安堵の拍手。河合自身も「NDYは続きますから」と力強く宣言した。

©️ABCテレビ

さて今回の謎解きの舞台は、JR吹田駅の南の商店街を抜けたところにある、特徴的な広がり方を見せる道路。吹田といえば万博記念公園ということで、河合は謎を万博関連と予想する。万博を頭に置いておいたほうが良さそうだとする河合に対し、「『頭に置いておいたほうがいい』と言って置いておいたことがない!」とツッコミを入れる古川アナ。ここでテーマが“クレッシェンドな道路”とわかり、早くも万博との関連性が薄まった。

©️ABCテレビ

クレッシェンドとは「次第に強く」を意味する音楽用語で、「く」の字のように徐々に広がっていく音楽記号で知られる。2人が駅前の商店街を南へと歩くこと10分、商店街を抜けたところで車道に変化が現れた。突然道路が2車線から3車線、そして4車線へ広く開けていったのだ。

©️ABCテレビ

あまり見たことがない形状の道路に「なんのために広げんだろう。なにかあったのか、広げる理由があるのか……」と推理を始める河合。そして「あと気になるのは神社ね」と広がった道路に面した神社を指さした。

©️ABCテレビ

2人が神社に立ち寄り注意深く観察すると、松の木が祀られていること、神社が「高浜」神社という名前であることに気がつく。「松って水に強いからね」と指摘した河合に、古川アナも「あ~ホンマや! “浜”で“松”。浜には松が生えがちだから……」と何かひらめいたよう。河合は「神社前の道路はもともと大きな川だったのではないか」と推測した。

©️ABCテレビ

周辺に川の痕跡がないか散策したところ、道路を先に進んだ先には一級河川「安威川」が流れていた。もはや答えが“川関連”であることを確信した古川アナは、川沿いを歩きながら河合に「万博関係あります?」と意地悪な質問。話を蒸し返された河合は笑いながら「万博なんて関係ない」と冒頭の予想を無理やりなかったことにした。

©️ABCテレビ

川沿いで発見した歴史看板によると、もともと吹田は港町として栄えていたことも判明。自信を深めた河合は、神社前の道路が広くなっている理由として、その場所がもともと荷捌きする場所だったと予想した。

©️ABCテレビ

さらに明治には鉄道が開設したという一文から、駅だった可能性にも言及した。ここで歴史探訪プランナー・森なおみさんに確認してみるといずれの予想も「トンチンカン!」の大外れで振り出しに戻ることに。

©️ABCテレビ

森さんによると、この道路はもともと広くなかった道路をとある理由で広くした名残だという。JR吹田駅近くの吹田総合車両所と、万博記念公園周辺が“クレッシェンドな道路”と深く関わっているいうヒントをもらった2人は、さらに「SD」が重要なキーワードであることを教えてもらう。

©️ABCテレビ

ついさっき万博は関係なしと否定したばかりの河合は「やっぱ万博関係してるわ」「俺の言ったとおりだ」とまたも手のひら返しで笑いを誘う。森さんの指定した場所でヒントを探すと、その場所が「旧海軍山田倉庫跡地」であったという記載を発見。万博記念公園の南側の広大な土地には、かつて武器や弾薬などを保管していた大阪軍需部の山田倉庫があったことがわかった。

©️ABCテレビ

ここで2人は、「神社は空襲の対象にならないから」と、戦時中に空襲に備えて神社の前に鉄道車両と弾薬を隠すために広げた道路だと予想。「よしわかった、車庫(S)と弾薬(D)でいこう」と自信を見せた。

©️ABCテレビ

“久々の100点”を期待した河合と古川アナだったが、森さんの評価はまさかの0点! 「何を勝手な推理を。もう、返してヒント!」とあきれる森さんの解説によると、SDとは「疎開道路」のこと。戦時中に空襲があったときに街が焼け野原にならないために、あらかじめ立ち退きしてもらって建物を壊し、広い道路にしたものだという。

©️ABCテレビ

吹田には海軍の倉庫や車両基地など軍事拠点があり、幾度となく空襲の標的になった。そのため、防火帯として道路を広げたのだった。

森さんは古川アナに対し「吹田は空襲が多い町だったというのはアナウンサーなら気づけたはず」と指摘。実は昨年、吹田に不処理の爆弾が見つかり大々的に処理活動をしたというニュースがあったのだ。

©️ABCテレビ

河合からも「なんのためにニュースやってんの」と辛辣なツッコミを受けたが、その河合も、防火帯の考え方が過去に「なんでやねん!?特番」で紹介したものと同じだということをすっかり忘れており、「お願いしますよ」とダメ出しされていた。

©️ABCテレビ

彼らが“クレッシェンドな道路”を調査した情報番組『news おかえり』の人気コーナー「古川×河合のなんでやねん!?」9月26日放送回は、動画配信サービスTVerにて無料配信中だ。なお『news おかえり』は、毎週月曜~金曜午後3時45分よりABCテレビで放送中。