新曲『夏恋注意報』は“楽しい夏のそばにある曲” SHISHAMOを迎え深夜のロングインタビュー/『真夜中のカルチャーBOY』

公開: 更新: ABCマガジン

スリーピースロックバンド・SHISHAMOが、ABCラジオ『真夜中のカルチャーBOY』にゲスト出演。パーソナリティの鈴木淳史(雑誌ライター)がゲストに迎えたアーティストを掘り下げるコーナー「真夜中の緊急インタビュー部屋」で、新曲『夏恋注意報』について語った。

6月28日にリリースされた新曲『夏恋注意報』はJTBのCMソングに起用されたことで、リリース前から大きな話題を集めた。SHISHAMOの有名な夏ソングといえば『君と夏フェス』『熱帯夜』『夏の恋人』など数ある中で、『夏恋注意報』はどのように作られたのか、鈴木が訊いた。

©ABCラジオ

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

鈴木:『夏恋注意報』のシングルはJTBのキャンペーンのCMソングになってて、いわゆるリリースの前にCMで聴くという。僕がSHISHAMOとお仕事をしているから聴くんじゃなくて、コマーシャルが始まって夏のCMソングとして聴くからかっこいいし可愛いし、とにかく気持ちが乗る。だから僕は単純にCMで聴いたとき、めちゃ嬉しかったんですね。

朝子ちゃん的にはいかがでしたか、夏の曲を作るというのと、タイアップソングというのは?

宮崎朝子(Vo.、以下宮崎):SHISHAMOの夏のシングルは2014年から毎年作ってるんですけど、今年はいつもと違う意識で作ってたなという。自分の気持ちで言うと原点回帰みたいなところもあるかなって。こういうアップテンポなシングルって『君と夏フェス』以来なんですよね、意外と。なので、そういう意外なところに持っていきたいなというところから作り始めました。

鈴木:朝子ちゃん的には、小さい頃から夏との相性ってどうですか。めっちゃ好きなのか、それとも意外と……なのか。

宮崎:ダントツで一番好きです。

鈴木:ダントツで好きやのに、僕は『熱帯夜』とか『夏の恋人』とかのイメージがあって、今までの夏のネトっとしたところを描いてくれるのが大好きやったんで、もしかしたら夏が苦手なのもあるのかなって勝手に思ってたんです。

宮崎:夏の曲は湧いてくるものがあるというか、作りやすいですね。でも今回の曲は『君と夏フェス』の時と同じ気持ちで、一人ひとりに寄り添うというよりは、その夏の楽しい思い出のそばにこの曲があればいいな、というか。

『君と夏フェス』も、最初は男女4,5人で車とかで夏フェスの会場に向かうときに聴いてほしい、フェスに向けて気分を上げるために聴いてほしいというところから作って。今回もそういう気持ちで作りました。海に行ったりとか、楽しい夏の思い出のそばにいつもある曲というか。

鈴木:『熱帯夜』とか『夏の恋人』のジメっとした部分を描いた曲と、今回の『夏恋注意報』みたいなアップテンポな曲とで、曲を作るときの違いはありますか。

宮崎:それこそ『熱帯夜』とか『夏の恋人』で描いているような夏は、私の個人的に好きな夏かもしれないですね。それと、聴く人を考えて作る夏とでまたちょっと変わるかなと思います。

鈴木:二人はどうですか?

吉川美冴貴(Dr.):『夏恋注意報』は本当に好きで、そのデモが来た時に「来た! 私の好きなSHISHAMOの夏の曲だ~」と思ってもうワクワクしたんですけど、こういうアップテンポな曲が『君と夏フェス』以来だったのが結構意外だなというか、自覚がなくて。ジメっとした曲があったからこそ、こういう曲ができたのかなという。同じことをやっていたら、こういう曲はできなかったのかなと思うし、よりパワーアップして帰ってこれたんじゃないかなっていう思いがあります。

松岡彩(Ba.):今までの「夏はじっとり……」とかそういうのも良いんですけど、さわやかな曲がSHISHAMOには合うなと思って。『君と夏フェス』の時より、演奏的な面でもパワーアップしてると思うんですけど、そういうところも対比として見せられるような曲ができたのかなと思います。私もこの曲が好きです!

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

©ABCラジオ

インタビュアーとしても活躍する鈴木淳史が音楽・映画・テレビ・演劇など、実に多種多様なカルチャーを独自の目線で紐解く番組『真夜中のカルチャーBOY』は、大阪・ABCラジオで毎週金曜日の深夜2時から放送中。

他にも8月18日の放送では、新曲『星屑たち』をリリースし、8月24日にビルボード大阪でのライブを控える堀込泰行がコメント出演。

放送の様子はradikoタイムフリーで8月26日あさ4時59分まで聴くことができる。