大谷翔平がホームラン王になったら年俸1000億円超え、FA移籍先はあのチーム…MLBアナリストが大予想

公開: 更新: ABCマガジン

©ABCテレビ

「今年の秋はFA移籍話で一色」「ホームラン王になって年俸総額は1000億円超え」「FA移籍先はあのチーム」……。大谷翔平選手のアレコレをMLBアナリストが大予想した情報バラエティ番組『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』を無料配信中

メジャーリーグ史上初の日本人ホームラン王になるかもしれない、ロサンゼルス・エンゼルス(以下、エンゼルス)の大谷翔平選手。大谷選手を花巻東高校時代から取材しているMLBアナリストいわく、「もし実現すれば、彼の年俸は1000億円を超える」という。さらにMLBアナリストは、大谷選手が次に選ぶ球団も大予想した。

©ABCテレビ

7月28日時点で、ホームラン38本(リーグ1位)、156奪三振(リーグ3位)、被打率.185(リーグ1位)……。29歳にして数々の華々しい成績を残している大谷選手は、ホームラン王、三冠王、サイ・ヤング賞(その年に最も活躍した投手に与えられる賞)を狙えるのではないかと野球ファンに期待されている。

©ABCテレビ

大谷選手を獲得したい球団は多いだろう。トレード期限が日本時間の8月2日午前7時に迫る中で、MLBアナリストの古内義明氏は「球団オーナーの意向で、大谷選手はエンゼルスに在留する」と断言した。しかし、トレード問題が解決しても、エンゼルスとの契約を延長しないと大谷選手は今シーズン終了後にFAになる。FAとはフリーエージェントの略称で、全球団と自由に交渉できる権利、またはその権利を持つ選手のことだ。

©ABCテレビ

「ホームラン王をはじめとするタイトルの獲得で、大谷選手の契約金額はとんでもないことになる」と語る古内氏。古内氏の予想では、FAになった大谷選手の契約年俸は総額1000億円を超えるという。

©ABCテレビ

こうしたことから、今年の秋は大谷選手のFA移籍話で一色になるだろう。ちなみに古内氏は、大谷選手のFA移籍先をロサンゼルス・ドジャースと予想。来シーズンに同球団から有力選手が抜けることや、過去に野茂英雄氏が在籍していて日本人と一番繋がりがある球団だというのが選定理由だ。「エンゼルスとほぼ同じ生活環境でケガをせず二刀流ができる球団なのがドジャース」という古内氏の考えは、たしかに納得かも…?

©ABCテレビ

大谷翔平選手の今後について詳しく紹介された情報バラエティ番組『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』7月29日放送回は、動画配信サービスTVerで配信中だ。