川﨑麻世とマイケル富岡が日本人のソウルフードともいえる「ラーメン相席」。“新潟5大ラーメン”食べ尽くし、山形で全国のラーメンファンを唸らせる幻の中華そばの店へ

公開: 更新: ABCマガジン

©ABCテレビ

“昭和のスター”マイケル富岡、幻想的なクラゲの展示を見て「エロい気持ちになってくるよね」……。「デカ××DJ」「しっとりチ××きゅうり」といったパワーワードも登場する相席食堂』を無料配信中

今回は、昭和のスター川﨑麻世とマイケル富岡が日本人のソウルフードともいえる“ラーメン”の聖地を旅する「ラーメン相席」をお届けする。

©ABCテレビ

マイケル富岡がやってきたのは山形県山形市。2022年度における一世帯当たりのラーメン消費量が日本一だった街だ。マイケルは芸能界屈指のプレイボーイとして知られるが、30年前に「日清焼きそばU.F.O.」のCMで演じたヒーロー「ヤキソバン」としても知られている。

©ABCテレビ

 朝からラーメンを食べる“朝ラーメン”の文化がある山形。早速、朝7時からオープンするラーメン屋さんに向かうが、ニューヨーク生まれのマイケルは「恋愛の排気量みたいなものがあって、通常は100ccとして考えた場合、マイコ―の場合5000ccぐらい」「余っちゃうんですよ、エネルギーが」と朝からチャラい恋愛トークを炸裂させる。

©ABCテレビ

7時から営業している店で“朝ラーメン”を堪能したマイケルは、今期の営業が残り2日という幻の中華そばの店「琴平荘(こんぴらそう)」を訪れることに。

©ABCテレビ

到着するも大人気のために4時間待ちということで、近くにある加茂水族館で時間をつぶすことになった。ちなみに、加茂水族館はクラゲの展示の種類数が世界最多で知られている。

幻想的なクラゲの展示に、マイケルは「エロい気持ちになってくるよね」とコメント。細長い形状のシンカイウリクラゲの展示コーナーでは、「ビートたけしさんの番組で(自分に)あだ名みたいなのがついたんですけど、それがデカ××DJ」と思い出した。

©ABCテレビ

さらに大きさについて、「うーん、まあ、標準的なきゅうりくらい」「通常時でそのくらい」と、いきなりサイズを明かすが、マイケルの突然の下ネタトークにノブと大悟は「めっちゃ長いやん」「何の話してるん?」「なんや今のシーン」「こんなトーンで喋る話じゃないのよ、クラゲでしっとりしたトーンで」とツッコミまくった。

©ABCテレビ

その後、ラーメンそっちのけでチャラい恋愛トークを繰り広げ、いざラーメンを味わったかと思えば「うマイケル」を繰り返す食リポにノブも思わず「ちょっと待てぃ!」を押してしまう。同世代の川﨑麻世がロケでラーメンを5杯完食したこともあって、千鳥はマイケルをイジりまくり。「しっとりチ××きゅうりw」「今日何した?w」「番組史上一番何もしてないw」「ワシだったら大きさをカメラが回っている時にしっとり言えないw」などツッコミと、笑いが止まらなかった。

©ABCテレビ

マイケル富岡と川﨑麻世がそれぞれラーメンを食べ歩くロケをしたバラエティ番組『相席食堂』7月25日放送回は、動画配信サービスTVerで無料配信中。

©ABCテレビ