山之内すず 指を吸わせる体験!?

公開: 更新: ABCマガジン

月に1度の「ロコレコ!」では、山之内すずが流氷で知られる北海道・紋別を旅して地元ならではの魅力に大接近する。

©️ABCテレビ

まずは北海道立オホーツク流氷科学センター GIZA(北海道紋別市)へ。ここでは、-20℃の極寒体験と夏でも流氷を楽しむことが出来る。さらに、オホーツク海に生息するクリオネやイカなどの氷漬け標本が約140点、展示されている。

©️ABCテレビ

山之内は、そこで地元の漁師さんと出会い、この漁師さんが週5で通うという、漁師御用達の店「海鮮&バル 3Peice」(北海道紋別市)を案内してもらう。ここでは、紋別名産の大粒のホタテや大トロなどが乗った超贅沢な海鮮丼や普通のお店では巡り合えない絶品、活〆ホッケ刺身をいただく。

©️ABCテレビ
©️ABCテレビ

新鮮なホッケを船で血抜きすることで刺身で食べられるのだという逸品に山之内も「美味しすぎる。身がぎゅっと詰まってて弾力がスゴイ。でも脂のジューシーさもあって…たくさん食べときます」と噛みしめていた。最後はとても珍しい「八角の塩焼き」。正式名称は「トクビレ」という魚で、特徴的なヒレを持つことからその名前で呼ばれている。道内でも流通が少なくまさに幻のグルメも堪能した。

©️ABCテレビ
©️ABCテレビ

 次に向かったのは野生のアザラシを保護、飼育している国内唯一の施設「アザラシランド」(北海道紋別市)。そのお隣にある「アザラシシーパラダイス」では、アザラシのえさやり体験も出来る。

©️ABCテレビ

そこで、動物好きが高じて関西から移住してきた飼育員さんと出会い、動物好きの山之内に牧場をオススメしてくれた。「ノースプレインファーム」(北海道興部町)は北海道でも珍しい放牧で牛を育てている牧場。併設するカフェ「ミルクホール」では放牧でのびのび育った牛からとれた牛乳やチーズ、バターはもちろん手焼きのコーンのソフトクリームも。山之内は早速、「オホーツクおこっぺ有機牛乳」をいただき、「濃厚で甘くて美味しい!」と感動する。夏の牛乳は青草の香りが感じられ、サラッとした風味なんだとか。ちなみに、冬は味が濃くまろやかな味わいだという。

©️ABCテレビ

最後に、今回だけ特別にミルクをあげる哺乳体験、さらには指を吸わせる体験もやらせていただけるということでチャレンジする。「なに、この幸せ。かわいすぎます」とすっかり仔牛に魅了された。

©️ABCテレビ

次に訪れたのは紋別市のシンボルともいえるオブジェ「カニの爪」。なんと高さ12m 幅6m 重さ7トンという大きさに圧倒された山之内。

©️ABCテレビ

カニの爪を後にして一路、紋別の繁華街はまなす通りへ。このはまなす通りはLEDを使用せずネオンにこだわっているんだそう。だからすごくレトロで雰囲気があるということで観光客にも大人気。

©️ABCテレビ

ここでは、「焼肉酒庵 仲川」(北海道紋別市)で海を感じる焼肉「流氷昆布締めのお肉」をいただく。新鮮で上質な肉を紋別産の真昆布で包み熟成させた牛タン、牛サガリ、ラムロースは絶品だった。

©️ABCテレビ

山之内すずのロコレコ!は「朝だ!生です旅サラダ」(ABCテレビ・テレビ朝日系列/毎週土曜 朝8時から TVer見逃し配信あり)で放送しました。