劇団EXILE・青柳翔が西島秀俊“三舟”の後輩役を好演「何回でも見たい」

劇団EXILE・青柳翔が西島秀俊“三舟”の後輩役を好演「何回でも見たい」

西島秀俊が主演を務める『シェフは名探偵』(テレビ東京系、毎週月曜23:06~)の第4話が、6月28日に放送された。インターネット上では、青柳翔劇団EXILE)の登場やソムリエ・金子ゆき(石井杏奈)のカミングアウト、謎の美女・上原美里(橋本マナミ)の正体が明らかになるなど、話題豊富なストーリー展開に沸いた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、近藤史恵による人気小説シリーズ「タルト・タタンの夢」「ヴァン・ショーをあなたに」「マカロンはマカロン」が原作。「ビストロ・パ・マル」を舞台に、西島演じるシェフ・三舟忍が、人並み外れた洞察力で、訪れた客たちが巻き込まれた事件や不可解な出来事の謎を解いていくグルメミステリー。

南野(青柳翔)が「ビストロ・パ・マル」を訪れる
南野(青柳翔)が「ビストロ・パ・マル」を訪れる

以前、三舟とスーシェフ・志村洋二(神尾佑)が働いていたレストランで見習いをしていた南野(青柳)が、「ビストロ・パ・マル」に来店。近所にフレンチの店を出したという南野を、三舟は祝福した。しかし、見送りをしたギャルソン・高築智行(濱田岳)には、「ここには負けない料理を提供しますよ。料理人としてのプライドです」と言い放つ。

その後、「ビストロ・パ・マル」の悪評をSNS上で発見した高築は、志村、金子と共に怒り狂うが、三舟は「その人はそう思ったんだろ」と相手にしない。そこに、予約客からヴィーガン用の食事に変更できるかという連絡が入り、三舟は豆乳で対応すると要望を受け入れるが、そんな三舟に対し、高築は、“料理人としてのプライドはないのか?”と不信感を抱くようになっていく。

金子ゆき(石井杏奈)、高築智行(濱田岳)
金子ゆき(石井杏奈)、高築智行(濱田岳)

別の日、三舟がリヨン時代に同じ店で修行していた羽田野鈴子(澤田育子)が来店。現在は3店舗の飲食店を経営しており、パティシエ・岸部彩香(イシヅカユウ)を連れていた。羽田野は岸部に、店では香水を付けたり、濃いメイクをしたりしないよう注意するが、その直後に岸部と連絡が付かなくなってしまう。動転した羽田野は、岸部から送られてきたマカロンと、それに添えられていた「マカロンはマカロン」と書かれた謎のメッセージを三舟に見せ助けを求める。

後日、南野が再び「ビストロ・パ・マル」に来店。実は先日訪れたヴィーガン希望の客は南野のオーナーの娘で、南野の店でもワガママばかり言うため、ヴィーガン用にオリーブオイルを使用しなければならないところを、伝統的な作り方のまま、豚の背脂を使って提供していたと吐露。そして、それがわかる投稿がSNS上にあると指摘し、三舟が書いたのではないかと激怒。「そんなことしてない」と三舟は否定し、料理人としてのプライドを南野に説く。

また、謎の美女・上原は、父親を探してもらっている探偵だと三舟が答える一幕があった。

三舟忍(西島秀俊)、志村洋二(神尾佑)、高築智行(濱田岳)
三舟忍(西島秀俊)、志村洋二(神尾佑)、高築智行(濱田岳)

ネット上では、「青柳さんの演技素敵だったな~」「青柳さん声の演技まで絶妙」「何回でも見たい南野シェフ」「金子ちゃんのまさかのカミングアウト」「志村さんのひとり芸が絶好調」「なんて、優しいドラマ!」などのコメントが寄せられた。

次回、第5話は7月5日に放送。金子が恋人の転勤を理由にお店を辞めるというストーリーが展開されるほか、利重剛洞口依子が夫婦役でゲスト出演する。

画像ギャラリー

PICK UP