波瑠演じる美月、“普通とは何か?”と悩む姿に共感の声「色々考えさせられた」

波瑠が主演を務める月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第2話が、6月28日に放送。インターネット上では、波瑠演じる朝倉美月の悩む様子から“普通”とは何か考える視聴者が多くいた(以下、ネタバレが含まれます)。

救急医療の働き方改革として試験的に結成された夜間勤務だけを専門に行う医療チーム「ナイト・ドクター」が、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合いながら唯一無二の絆を紡いでく、完全オリジナルの“青春群像医療ドラマ”。

桜庭瞬(北村匠海)
桜庭瞬(北村匠海)

美月の父・哲郎(佐戸井けん太)が、病院にやってきた。夜に働く娘を心配して「普通に幸せになってほしいんだよ」と語りかける。哲郎に同調したのは深澤新(岸優太)。「こんな生活しているやつ、どう考えたって普通じゃねーだろ」という。また、浮気された恋人の佐野大輔(戸塚純貴)からは「普通のカップルみたいにデートがしたかったんだ」と言い訳を言われる始末。「普通」という言葉が頭をかけめぐる美月は「普通って何?」と悩んだ。

緊急性がない軽症にも関わらず、夜に病院に訪れるコンビニ受診問題に直面する美月ら。そこに、風邪の赤子を連れた鮎川希実(谷村美月)がやってきた。何度も病院を訪れているが、診察した結果、やはり、ただの風邪だと判断した美月。しかし、深澤が違和感を持ち、結果的に大きな病気をしていたことが分かった。時間がないため、専門医ではない指導医の本郷亨(沢村一樹)が手術することに。「普通は専門医の先生が……」と咎められるが「いまこの病院を任されているのは俺たちだ。何が普通かは俺たちが決める」と手術をし、一命をとりとめた。

成瀬暁人(田中圭)は「何を持って重症患者なんだろうな。ひととおり医学を学んだ俺たちでさえ、見落とす危険性のある病気だった場合、何の知識もない素人が重症だと気づけるはずがない」とポツリ。桜庭瞬(北村匠海)も「確かに。本当に大丈夫かどうかは、きちんと診断してみないとわからないってことだよね。一見コンビニ受診に見えたとしてもさ」と付け加えた。

朝倉美月(波瑠)、高岡幸保(岡崎紗絵)
朝倉美月(波瑠)、高岡幸保(岡崎紗絵)

その後、美月は希実ら夫婦に謝罪。希実は、育児と仕事の両立に疲れ、親として普通にやるべきことができなかったと落ち込む。そんな彼女に美月は「普通って何なんですかね」とつぶやく。「普通じゃないことをすると非常識って言われるじゃないですか。でも普通なんて簡単に変わるものなんですよね」「普通なんて時代や社会によって簡単に変わるのに、そんなものに振り回される必要ってあるんですかね……」と語った。彼女の言葉に、育児を任せっきりだった夫の聡(笠原秀幸)も改心する。

成瀬暁人(田中圭)、高岡幸保(岡崎紗絵)
成瀬暁人(田中圭)、高岡幸保(岡崎紗絵)

ネット上では“普通”について考える今回のストーリーに「普通って何? はいつも考えさせられる」「今回は普通って何? と色々考えさせられました」「普通って何? ってのけっこう共感したな」「価値観を変革するドラマだ」との声があった。

次回第3話は7月5日に放送。美月が患者の斎藤篤男(赤ペン瀧川)に襲われる事件が発生! 事件は桜庭の母で「あさひ海浜病院」などを束ねる「柏桜会」の会長・麗子(真矢ミキ)も知るところとなり……。

PICK UP