『IWGP』世代が歓喜!マコトvsキングの“名シーン”再現に「愛しか感じない」

公開: 更新:

お笑いコンビ・ニューヨーク嶋佐和也屋敷裕政)による初冠番組『NEWニューヨーク』(テレビ朝日系、毎週木曜25:56~※一部地域を除く)。6月24日の放送回「勝手にIWGP キングNo.1決定戦 後半戦」では、『IWGP(池袋ウエストゲートパーク)』の“名シーン”が再現され、インターネット上で「IWGPへの愛しか感じない」と盛り上がった。

『IWGP』に登場する、キング(窪塚洋介)らしさを競う同賞レース。「キングになりたい!」と熱望するキング嶋佐(嶋佐)、キング池田(しずる池田一真)、キング常田(バッドナイス常田)、キング刺身(そいつどいつ市川刺身)が参加し、壮絶な爆笑バトルを繰り広げた。

誰が最も“キングらしいか”がついに決定する後半戦では、「ヘビを掴めたら勝利」「電流 指トントン」「足ツボフラーイ」で対決。この「足ツボフラーイ」でキングたちから「マコちゃんもやんなよ」と振られ、挑戦することになった屋敷マコト(屋敷)は「面倒くせぇ」と言いながらも果敢に挑戦。痛みに悶えるも「まだ手ついてねぇぞ!」「ブクロにキングなんていらねーんだよ!」と『IWGP』最終話での名シーンを再現した。

これには『IWGP』世代の視聴者が大盛り上がり。ネット上では「IWGPへの愛しか感じない」「あの名シーンを彷彿とさせられて感動した(泣笑)」「屋敷さんIWGP好きすぎやろw」「懐かしすぎる」などのコメントが上がっていた。

次回7月1日の放送では、ゲストとして見取り図盛山晋太郎リリー)が登場する。