“バタヤン”川畑泰史、千鳥・大悟の恋愛話暴露「女の子の泣き崩れる声が…」

公開: 更新:

吉本新喜劇座長の“バタヤン”こと川畑泰史が、6月22日放送の『千鳥の相席食堂』(ABCテレビ、毎週火曜23:27〜 ※関西ローカル)に出演。旅ロケの途中に突然千鳥の過去の恋愛話を暴露し、千鳥の2人が困惑する一幕があった。

鹿児島県志布志市を訪問した川畑は、「鹿児島イチ美味しい」と評判のメロン農家で、末端価格4000〜5000円という超高級メロン「秘蔵っ娘」を堪能。「むちゃくちゃおいしいやん、これはビビリますよ」と目を見開き、「カー3つ差し上げます」と持ちギャグを絡めてコメントする。

「千鳥にはかわいがってもらいましたね」と川畑。千鳥が頭を下げて恐縮するなか、「人の恋愛なんて覚えてないですけど、大悟のは覚えてますね」と、突然話を切り出す。「別れ際最後、部屋から大悟が出ていって、マンションのドア閉めた瞬間に女の子の泣き崩れ落ちる声が聞こえた、みたいな話も(大悟は)してくれてましたね」と川畑。旅番組らしからぬエピソードに、大悟は「なんでそんな話するん」と困惑する。

「オチもないよ、ただ別れた(という話)」と大悟。「ワシも悲しくなるし、その子も思い出したやろうし……」とフォローしつつ、「こわいわーこれ、フリーにさすの。この男」とぼやく。その後、「ノブとはようね、コンパ行きましたね」と続ける川畑にノブも「まぁ、2回くらいはね……」と身構えるが、直後に川畑の興味は「あ、イルカランド」と目の前の看板へ。あまりに雑な展開に、ノブは「おい! 処理せえ!」と大声でツッコんでいた。

インターネット上では「千鳥の扱いが雑w」「ノブ氏のコンパ話<イルカランド」「めちゃくちゃだなこの人w」とツッコミの声が上がっていた。

次回6月29日の放送では、「千鳥の野球チームを作ろうSeason2」と題し、“Mr.タイガース”こと掛布雅之が登場する。