“新出川ガール”横田真悠、出川哲朗の印象は「スラスラしゃべれない」

“新出川ガール”横田真悠、出川哲朗の印象は「スラスラしゃべれない」
最新エピソードを無料視聴

6月20日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系、毎週日曜19:58~)では、“出川ガール”に横田真悠の加入が発表された。

この日は、ご意見番・出川哲朗が体力をチェックする恒例企画「俺の金メダル」を実施。まずは出川と古参の出川ガール(河北麻友子堀田茜谷まりあ)が登場し、箭内夢菜に続き、横田の加入が出川の口から伝えられる。

そして古参による面接が行われ、横田は特技のギターを披露。あだ名決めでは河北と名前が似ていることから、谷の提案で“横田”と呼ぶことに決定した。

まずは最新アクティビティでウォーミングアップということで、香川県・多度津マリーナで「ハリケーンボード」に挑戦。谷と横田、出川の3人が金メダルを獲得したが、ここで古参の3人は帰ることに。残った横田が、引き続き出川と金メダルチャレンジを行うことになった。

横田は出川から古参の出川ガールズの印象を尋ねられると、「実際に見る方がすごいピーピー言ってる感じがしました」と吐露。河北に対しては「すごい周りを見ている方だなと思いました」と話し、堀田に関しては「距離感取るのがうまい」と分析。谷は「テレビで見ていた通りの方」と自由気ままな印象だと明かし、出川に対しては以前から印象は変わってないとし、その理由を「スラスラしゃべれない」と語った。

次回、6月27日は「宮川大輔のニッポンお祭り道中 in 福井県・高知県」「温泉同好会 in 広島県」が放送される。

PICK UP