福原遥“リン”たちが“伊豆キャン”に向けて準備!「続編希望」の声多数

福原遥
福原遥

福原遥が主演を務めるドラマ『ゆるキャン△2』(テレビ東京系)の最終話が、6月17日に放送。インターネット上では、キャンプに向けて前を向くメンバーたちに反響があった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、250万部突破の大人気同名コミック(原作:あfろ/芳文社)を原作とした、新感覚ゆるゆる系キャンプドラマ。ソロキャンプを楽しむ女子高生・志摩リン(福原)を中心に、リンとの出会いからキャンプに惹かれていく友人・各務原なでしこ(大原優乃)、高校の同好会「野外活動サークル」部長の大垣千明(田辺桃子)、メンバーの犬山あおい(箭内夢菜)、斉藤恵那(志田彩良)らがさまざまなキャンプを繰り広げ満喫する。

大原優乃、箭内夢菜、田辺桃子
大原優乃、箭内夢菜、田辺桃子

ソロキャンを満喫したなでしこ。翌日、学校で「またみんなとキャンプに行きたくなっちゃった。これからは、ソロキャンとグルキャンを交互にやっていきたいと思います」と宣言した。一方、1人でキャンプに向かった彼女を陰ながら心配していたリンは、斉藤と共に、なでしこのソロキャン写真を見ている。楽しそうな思い出が写っている中、ほかのキャンパーとも写真を撮っており「あいつのコミュ力53万くらいあるからな……」とつぶやく。

そんな中、テストが終了する3月頃、野外活動サークルで伊豆にキャンプへ行く計画が持ち上がった。メンバーはグループメッセージでトークをしながら、伊豆話で大盛り上がり。リンもいつのまにか伊豆へ行くメンバーに入れられていたため「また勝手に(一緒に)行くことになってるし」とポツリ。しかし、どこか嬉しそうに笑みをこぼすのだった。

なでしことテスト勉強をするリン。改めて「伊豆キャン一緒に行こうね」と声をかけられ、笑顔で返事した。帰り道、野外活動サークルメンバーとばったり。大垣から「いよいよ来週は伊豆キャンだぞ!」とテンションが上がるようなことを言われるが、明日からテストが待っている……。みな、期待と若干の不安を胸に自宅へ帰っていくのであった。

土村芳
土村芳

ネット上では、続編も期待できる内容に「また会えることを楽しみに待っています」「素晴らしい実写化ドラマでしたわ」「毎週の癒しをありがとう!」「(原作人気回の)続編希望!!」「伊豆キャンや3や劇場版を熱望します」「永遠にやれ」「早くもゆるキャン△ロス」との声があった。

画像ギャラリー