マイケル・ジャクソン元専属シェフが語った驚きの“採用理由”

マイケル・ジャクソン元専属シェフが語った驚きの“採用理由”
最新エピソードを無料視聴

若林正恭オードリー)と弘中綾香アナウンサーが司会を務める『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系、毎週月曜23:15~)。5月31日の放送では、“全くマイケル・ジャクソンに興味がないのに嫌々専属シェフをやったら、マイケルにどハマりしちゃった人”タカヤさんが登場。驚きの「採用理由」や、マイケルからされたという“無茶振り”のエピソードを披露した。

同番組は、あまりにも珍しい“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていくトークバラエティ。この日は客員研究員として三宅健V6)、ホラン千秋が出演した。

タカヤさんとマイケルとの出会いは、いまから34年前。当時人気絶頂のマイケルが世界ツアーでソロ初来日をしたときにさかのぼる。公演チケットは即完売という大盛況ぶりだったが、ツアー中盤、マイケル専属のアメリカ人シェフが「マイケルに風邪をうつしたため」突然クビに。予定されていた公演も延期となってしまう。

1週間後の再公演に向けてマイケルの体調を復活させるべく、国内の一流シェフを対象に「マイケル専属シェフオーディション」が行われることに。当時軽井沢のホテルで総料理長を務めていたタカヤさんにも声がかかったが、「やりたくなかったですね。煩わしい仕事をしたくなかった」。マイケルのこともよく知らず、「適当に会社の顔を立てて、いい加減な事言って帰ってこよう」という気持ちで嫌々参加したという。

面接会場に入ると、そこにはマイケルの日本人スタッフが1名だけ。しかも聞かれたのは「マイケルのことを知っていますか?」のみ。受かりたくないタカヤさんは、嫌われたい一心で「マイケル・ジャクソン? 全然知りません」と答えるも、「ミーハーじゃない」と逆に評価され、なんと合格してしまう。

そのままツアーに同行することになったタカヤさんだったが、誰もマイケルの食事を見たことがなく、唯一食べ物の好みを知っていたのは専属シェフのみ。前任が使っていた冷蔵庫の中身から「マイケルは豆が好きらしい」と予想したタカヤさんは、おかゆとおひたし、豆腐の味噌汁、冷奴というメニューを作り、マイケルから好反応を得る。

さらにタカヤさんは、「一皿に一口しか食べない」というマイケルの少食に対応するため、品数を大量に増やし、「二口以上食べたらそのメニューを増やす」など工夫。マイケルからは「毎日がパーティのようだよ」と喜ばれたという。

そんなある日、マイケルはタカヤさんにビックリ箱をプレゼント。箱を開けて驚くタカヤさんに爆笑したという。「面倒くさい先輩みたいだな」という若林に、「おっしゃった通りです、面倒くさい先輩で……」とタカヤさん。その後、「偽マイケル事件」「早朝ドッキリ」など、タカヤさんがマイケルに仕掛けられたいたずらや無茶振りの数々が明らかとなる。

インターネット上では、「ミーハーじゃなかったのが良かったんだ」「タカヤさんのナチュラルなお人柄素敵」と感心の声が。マイケルがタカヤさんに仕掛けたいたずらのエピソードにも「微笑ましい」「少年のような人」「お茶目」との声が上がっていた。

次回6月7日の放送では、“極々平和な一家だったのに家族が次々とボディビルダーになってしまったので、50歳で筋トレを始めてみたら2年で日本一になった主婦”が登場する。

PICK UP