A.B.C-Z橋本良亮、中村ゆりか演じる“ツンデレ女子”に一途な愛の餌付け

A.B.C-Z橋本良亮、中村ゆりか演じる“ツンデレ女子”に一途な愛の餌付け

A.B.C-Z橋本良亮が主演を務める、ABCテレビで7月4日(日)、テレビ朝日で7月3日(土)にスタートするドラマL『痴情の接吻』(テレビ朝日、毎週土曜26:30~/ABCテレビ、毎週日曜23:25~)。このほど、橋本演じる主人公・上条忍が執着する、本を愛してやまないヒロイン・柏木和華役に中村ゆりかが決定し、橋本&中村のコメントが到着した。

同ドラマは、雑誌プチコミック(小学館)に連載中の、累計140万部を突破した大人気作を原作に、読書が生きがいの女と、彼女を“偏愛”するハイスペック男の“接吻(キス)”から始まる同居ラブストーリーが描かれる。人気グループ A.B.C-Zのメンバーで、今春から情報番組のMCを務めるなど、活動の幅を広げる橋本が、初の単独主演を務める本作。先日、橋本がメガネ姿でヒロインの細腕を手にした、”上条忍ビジュアル“が公開されると、「めちゃめちゃビジュアル寄せてくれてて良い!」「ヒロインは誰!?」と大きな話題になった。

今回ヒロインを務める中村は、数々のドラマや映画に出演し、大胆な悪女っぷりが“怪演”だと大きな話題となるなど、精力的に活躍中。バラエティ番組『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)では、その高い演技力であざと可愛い一面も見せる中村が今回挑戦するのは、恋愛に全く興味がない“おひとりさま上手のツンデレ女子”・柏木和華。図書館司書として働く才女。幼い頃から本が大好きで、過去のとある経験から、恋愛よりも本を読む時間のほうが大事だと思っている真の読書愛好家。10年ぶりに再会し、突然同居を提案してきた忍を警戒していた和華が、忍の一途な愛の餌付けに徐々に心を開いていく……、いや、開かない!? 二人のツンデレ同居生活は見逃せない!

また今作の鍵となるのが、谷崎潤一郎の名作小説「痴人の愛」。主人公の男が小悪魔的な少女に心を奪われ、破滅するまでを描いた作品だが、この小説が、とある出来事をきっかけに忍と和華をつなげる。「痴人の愛」をモチーフにした、官能小説のように美しく、刺激的なラブシーンも見どころのひとつ。橋本と中村が創り出す、耽美な偏愛ラブの世界に注目だ。

橋本と中村からのコメントを以下に紹介する。

<橋本良亮 コメント>
――柏木和華役・中村ゆりかさんの印象。

お会いした時に、中村さんは本当に素敵な方だなと感じました。人見知りと聞いていたのですが、自分の意見を言う時はしっかりと相手の目を見て、これでもか!! というぐらい目力が凄かったので、自分をしっかり持っている方なんだなと思いました。マスク越しでも和華のイメージにぴったりな佇まいの方でした。役作りに前向きな方なので、これから更に現場で切磋琢磨していける関係を、より一層築いていきたいですね。

<中村ゆりか コメント>
――上条忍役・橋本良亮さんの印象。

初めてお会いした時、声のトーンが柔らかくて素敵な印象を持ちました。冒頭のシーンで上条のモノローグがあるのですが、橋本さんが台詞を言葉にした際に、監督も上条に見えてきた! と仰っていました。

――ドラマ『痴情の接吻』への出演が決まったときの感想。

まずタイトルのインパクトに加え、ストーリーが刺激的で驚きました! 以前お世話になったスタッフの方々と、またご一緒させていただけるということでとても心強く、嬉しかったです。

――原作を読んだ印象は。

とても色っぽい描写が多いので、照れてしまいました。とにかく上条の柔らかな佇まいと、女心をくすぐる甘さが本当に魅力的で、目が離せませんでした。

――今回演じる役どころについて。

恋愛に興味がなく、何よりも本を愛している女の子です。最初は上条からのアプローチをさらっとかわしているのですが、まっすぐに好意を寄せてくれる姿に翻弄されていくところも楽しみにしていてください。

――視聴者へのメッセージ。

普段連想するラブストーリーから外れたどこか危うい感覚を皆さんにも感じてもらいたいです。スタッフ、共演者のみなさんと力を合わせて、素敵なドラマを届けられるように頑張ります。

PICK UP