ジャニーズWEST・重岡大毅と濱田崇裕、鷹匠訓練に「俺もう無理かも…」

公開: 更新:

ジャニーズWESTの重岡大毅濱田崇裕が、5月29日放送の『あなたの代わりに見てきます!リア突WEST』(ABCテレビ、毎週土曜24:35~ ※関西ローカル)にて、若き鷹匠(たかじょう)から実際に行う訓練を習った。

同番組は、ジャニーズWESTのメンバーがペアを組んで日本全国のさまざまな“理解不能”な人や場所、通称「リア突案件」を突撃取材。インターネット上にも載っていない新事実を解明する体当たりドキュメントバラエティ。この日は、「『殺傷能力高すぎな飛行体を愛する二十歳』にリア突」と題し、重岡と濱田が弱冠20歳にしてキャリア数年の鷹匠・小川涼輔くんから鷹匠が実際に行う訓練を習った。

鷹匠とは、鷹を操り狩を行う専門家のこと。今回2人が行う鷹匠から習う訓練は3つ。まずは“鷹匠への準備”と題し、鷹に慣れるところことからはじめる。次に、鷹を拳にのせる練習を、拳に熱湯が入ったコップをのせて、どちらが上手に歩けるかで勝負。重岡が濱田にちょっかいを出し、濱田が激怒するが、重岡がおちゃらけて見せてすぐに仲直り。続いて、調教訓練へと入る。

調教訓練では、それぞれ相棒となる鷹を選び、手の上にのせた状態で何が起きても落ち着かせることができるかに挑戦。まずは重岡が相棒・ルークを手に据えて、騒音役の濱田の変顔や音が鳴るオモチャなどの攻撃に耐える。濱田のネタが尽きたところで、見兼ねた重岡が「もうやめてあげへん?」とフォローし記録は1分34秒。攻守交替となり、重岡が騒音役としてちょっかいを出し、2分37秒も粘る。勝負が終わると、2人はスタジオの神山智洋藤井流星の“酉年コンビ”を指名し、同様の勝負をするようムチャぶり! スタジオでは、騒音役を藤井が、鷹匠役を神山が行い、1分間騒音や動きに動揺せず、鷹に見立てた熱湯入りコップを拳にのせ続けられるかを競うと、バラエティ担当の藤井が良い働きを見せメンバーを笑わせた。

VTRに戻り訓練のラストは、リアル「鷹狩り」に挑戦。「実際にキジを持ってきたんですけど」と小川さんがキジを手にし、生きた動物を狩ることは標的意外襲わないことも覚えさせる大切な訓練だと説明。重岡はそれを重々理解しながらも、「俺もう無理かもしれない」「すごい甘っちょろいんやけどやめへん?」と吐露。濱田も「どうですか、今日はこいつを逃がしてやるって」と狩り中止を提案するが……。

ネット上では、重岡と濱田の奮闘に「まさにリアルを感じた 」「鷹匠回面白かった!」「凄かった」などの反響が寄せられた。

次回は6月5日に放送。中間淳太と神山が「世界一礼儀にうるさいガチ女王」にリア突する。