千鳥・大悟、ロケ作法“完全無視”の菅原小春に“マジ切れ”!?

千鳥・大悟、ロケ作法“完全無視”の菅原小春に“マジ切れ”!?

ダンサーの菅原小春が、5月25日放送の『千鳥の相席食堂』(ABCテレビ、毎週火曜23:27〜 ※関西ローカル)に出演。ロケの作法にとらわれず、ひたすら気のおもむくままにスタッフを振り回す姿に大悟千鳥)が“マジ切れ”し、ノブ(千鳥)にたしなめられる一幕があった。

「ダンサー相席」と銘打たれた今週は、菅原とともにSAMTRF)が番組に参戦。菅原は岡山県瀬戸内市牛窓、SAMは和歌山県日高郡由良町を訪れ、「ダンスとロケの融合」をテーマに破天荒な旅を繰り広げた。

「日本のエーゲ海」との呼び名高い牛窓の有名スポット、「ホテルリマーニ」のプールサイドで、広瀬香美の「ロマンスの神様」をBGMに踊り狂う菅原の姿からロケがスタート。スカーフを頭からかぶり、サングラス姿で「フーゥ!」と雄叫びを上げる異様な光景に、千鳥は思わず「(島田)珠代ねえさん?」とツッコむ。

その直後、菅原はスカーフとサングラスを自ら剥ぎ取り、プールへダイブ。水面から顔を出して「ゲホゲホ」と咳き込んだ横に「菅原小春」とテロップが入る。「誰よ? わしゃ文太しか知らんど。菅原って」と大悟。一方、ノブは菅原を「すごい方」と紹介し、「こんなんする人じゃないもんね?」とフォロー。腑に落ちない様子の大悟の横で、「ちょっと(続きを)見てみましょう」とVTRを再開する。

菅原はプールを泳ぎながら「この映画のシーンは何でしょうか? わかった人はボタンを押してね!」と勝手にクイズを出題。「いや、誰ぇ?」と首を傾げる大悟。その後、「パプリカの振付を担当」「米津玄師と紅白歌合戦に出演」と菅原の紹介VTRが流れ、その輝かしいキャリアにノブは「『相席食堂』出ちゃダメな人なんよ」と爆笑。また、今回の出演は、菅原からの逆オファーであることも明らかとなった。

ホテルを出た菅原は「(行き先は)どこでもいいんだ〜!?」と、なおも踊りながら街歩きを開始。ノブは「いま(菅原)ガム食ってなかった?」とVTRを止める。シーンを巻き戻すと、口元をモゾモゾと動かす菅原の姿が。大悟は「こいつガム食うとんのぉ」とイラついた表情を見せ、ノブにたしなめられる。

その後、菅原は「おなか空いたけど、ここ魚おいしいかな?」と街の鮮魚店を訪問。飛び込みで取材交渉をするが、「今日は魚が入っていない」と言われ、街の観光センターへ。カメラが追いつくのを待たずに店内へと進み、プライベートの買い物をしたかと思うと、レンタルサイクルを借り、「小春はチャリ乗ってくから(スタッフは)みんな歩いてって」と、大声で歌いながら行ってしまう。

ただただ奔放に振る舞い続ける菅原に「偉そうだのう」と本気で不快感をあらわにする大悟。ノブは「そういうボケやろ」とフォローのツッコミをするが、その後、スタッフは本当に菅原を見失ってしまい……。

いろいろな意味で強烈なインパクトを与えた菅原の姿だが、SNSでは「自由奔放さ本当に面白かった」「撮るスタッフさんは大変やったやろうな」「この番組の面白いところ」と好感触の声が相次いだ。

次回6月1日の放送では、菅原とSAMのロケの後半戦を放送。ダンサーとしての本領を発揮する2人に、千鳥も思わず「天才や!」と感動する。