小関裕太“亮”、兄とピリピリムード!?栗山千明“瑠璃”は心配で…

栗山千明が主演を務める水ドラ25『ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~』(テレビ東京系、毎週水曜25:10~)の第8話が、5月26日に放送される。

真宮亮(小関裕太)、九条瑠璃(栗山千明)
真宮亮(小関裕太)、九条瑠璃(栗山千明)

本作は、栗山が演じる見た目“百戦錬磨”風、なのに実際は彼氏いない歴15年の超ド級の恋愛初心者・九条瑠璃と、笑顔の下に本音を隠した年下王子・真宮亮(小関裕太)の嘘から始まる、トキメキ必至のオリジナルラブコメディ。

第7話の放送後、バックハグや耳キスなど積極的な亮に瑠璃が翻弄されていく様子について、インターネット上では、「夜中に一人でキュンキュンジタバタしちゃってます」「爽やかソフトSだよなぁ」「耳にキスするの反則じゃん?」といった反響が寄せられた。

<第8話あらすじ>
亮(小関)がシャワーを浴びている間に、完全に眠ってしまった瑠璃(栗山)。すると亮は瑠璃の部屋に落ちていた名刺に気づく。そこにはなんと亮の兄である「真宮賢治」(吉沢悠)の名が!?

次の日、会社で明らかに元気のない亮を見て、瑠璃は、自分が昨晩寝てしまったことに怒っているのだと勘違いをする。だが実際は、昨日の名刺のことで何か心に闇を抱えている亮。亮は賢治に電話をかけ、もう自分たちに関わらないように言ったのだった。亮と賢治の間には、いったい何があったのか!? そうした中、瑠璃と亮の前に、賢治が現れ……。

真宮亮(小関裕太)、九条瑠璃(栗山千明)、真宮賢治(吉沢悠)
真宮亮(小関裕太)、九条瑠璃(栗山千明)、真宮賢治(吉沢悠)

PICK UP