綾野剛“倫太郎”、石原さとみ“海音”への告白&膝枕キスに「破壊力えぐい」

石原さとみ綾野剛が出演する水曜ドラマ『恋はDeepに』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第6話が、5月19日に放送。インターネット上では、甘すぎるストーリー展開に「キュンキュンがぎゅっと詰まってる」などの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

巨大リゾートの開発をめぐって出会った、海を愛する魚オタクの海洋学者・渚海音(石原)とロンドン帰りのツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野)。海を守りたい女と、その計画に人生をかける男。住む世界がまるで違う2人が、やがて運命的な恋に落ちる。しかし、その恋はかつてないほど禁断だった!

第6話シーンカット
第6話シーンカット

鴨居正(橋本じゅん)が警察に連行されてしまった。落ち込む海音を心配した倫太郎は、彼女を自宅に誘う。倫太郎に加湿器を探してもらっている間に、近江谷遥香(泉里香)と倫太郎の弟・榮太郎(渡邊圭祐)が家に帰ってきた。大慌てで隠れた海音は、親しそうに話す倫太郎と遥香に嫉妬してしまう。

そして、倫太郎と2人きりになると、海音は「家族とか幼なじみとか、思い出があるっていいですよね。私、ずっと独りぼっちだったから」と笑みをこぼす。憂いを帯びた表情を見せる彼女に、倫太郎は「でも、今は違う。研究室のみんながいるし、俺もいる」と返した。

榮太郎(渡邊圭佑)、藍花(今田美桜)
榮太郎(渡邊圭佑)、藍花(今田美桜)

倫太郎が身の上話を語り始めた。兄・光太郎(大谷亮平)とは違って、父親に何も期待されていなかったこと、居場所がなくロンドンへ行ったこと、母との約束を果たし、自分を取り戻すために帰国したこと……。もちろん、その約束とは海中展望タワーのことだ。倫太郎は「でも、君に出会って、予定が狂った」と海音の手を握る。

「俺は君が……海音が好きだ」と告白。海音が「私も好きです」と言うと2人はハグをした。そうして、しばらく肩を寄せ合っていると、倫太郎は海音の膝で寝てしまう。彼が目を覚ましたとき、2人は見つめあってキスをした。

水族館でのイベントを成功させた蓮田トラストに、子供たちからのお礼の手紙が届いた。海音が会議中の部屋の前にそれらを置き、倫太郎の父・太郎(鹿賀丈史)らの心を動かすことに成功。無事に倫太郎はプロジェクトの復帰を果たすことになった。

倫太郎(綾野剛)は海音(石原さとみ)が食べるワカメの量に驚く
倫太郎(綾野剛)は海音(石原さとみ)が食べるワカメの量に驚く

喜ぶ2人。倫太郎は「ねぇ、海音……。俺本気だから。星ヶ浜の海も、どんな事情が抱えていようが海音も。必ず守る」と告げた。海音はそんな彼の言葉に涙ぐみながら「ここにいたい」と小さくつぶやいた。

ネット上では、2人が愛を育むシーンに「キュンキュンがぎゅっと詰まってる」「なんて美しくて切ない告白とキス」「呼び捨てからの告白は破壊力えぐい」との声が寄せられた。

次回第7話は、5月26日に放送。海音は、魚たちの話す言葉が突然理解できなくなってしまう。

PICK UP