EXIT・りんたろー。、兼近大樹が考えたシンデレラの続編ストーリーに「かねちの思想が入ってる」と指摘

公開:

Creepy NutsR-指定DJ松永)とEXIT兼近大樹りんたろー。)が出演する『イグナッツ!!』(テレビ朝日系、毎週火曜26:36~)が5月18日に放送。「昔ばなし勝手に続編選手権」で「シンデレラ」の続編を4人で考案した。

同企画は、誰もが知っているあの超有名な昔ばなしの続編を4人で考え、その場で絵を描いて合計10ページの絵本にするというもの。第2弾となる今回の昔ばなしは「シンデレラ」で、原作の結末は「お城に迎え入れられ王子様と幸せに暮らしました」というストーリーだったが、番組ではその後に「しかし、そんな生活の最中シンデレラは溢れ出るある衝動を抑えるのに必死だった」という匂わせ一文を追加。この先のストーリーを4人が考案する。

まずは、それぞれが1ページ目の候補を描いてみることに。R-指定が描いたのはガラスの靴の絵で、映画『アイアンマン』など「マーベル・シネマティック・ユニバース」に登場するようなハイテクな靴に変形するというもの。続くりんたろー。は、シンデレラをそそのかす魔法使いの老婆を描き、「王子に毒リンゴを食べさせておいで」と国の征服をもくろむ展開を考案。「白雪姫」を彷彿とさせるストーリーに、R-指定は「しかも『白雪姫』と同じ魔女やった?」と気づき、最初はミッションの為だったのが、本当に王子を好きになってしまったパターンだとりんたろー。は語る。

一方、兼近はシンデレラが自分と同じように貧困な子を救うため、カボチャの馬車に乗って魔女探しの旅に出るというストーリーを考案。りんたろー。からは「かねちの思想が入ってる」とツッコまれる。そしてDJ松永は、現世のスニーカーショップで新たな靴を探すという絵とストーリーを紹介した。

話し合いの結果、1枚目はR-指定が描いたガラスの靴がハイテクに変形するというストーリーが採用。あわせて、10枚目はDJ松永が1枚目で描いた案が採用され、ハッピーエンドの結末として使用することに。1枚目と10枚目が決まり、次は2枚目~5枚目をそれぞれ担当者を決めて描くことに。ストーリーは、「シンデレラが暴走した靴でウサイン・ボルトを追い抜き、そのままサッカー場でゴールを決め、忍び寄る3つの影に気づき、継母と姉と再会する」と4人で話し合う。

担当は、R-指定が靴に翻弄される2枚目のシーンを、りんたろー。がサッカー場でゴールを決める3枚目のシーンを、DJ松永が忍び寄る3つの影を描き、5枚目の継母と姉の登場を兼近が作成した。それからストーリー順に各自、紹介していくと、継母と姉を描いた兼近の絵に一同爆笑。しかも、原作では悪役だった彼女たちが実はシンデレラのことを思い、わざと意地悪していたという新発想の物語を展開した。

インターネット上では、「継母デカすぎる」「シンデレラ探す旅いいなぁ」「続編シンデレラ激アツ展開」「発想が面白すぎる」「完結編楽しみ」などの反響があがった。

次回5月25日は、物語を完結させる後編が放送される。