櫻井翔“風真”&広瀬すず“アンナ”、どんでん返しの解決編が話題に「予想外の展開だった」

広瀬すず櫻井翔がW主演を務める『ネメシス』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第6話が5月16日に放送。インターネット上では、これまでにない大がかりの解決編に大きな反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

“すべての事件が、最後の謎につながる”。愛すべき探偵・風真尚希(櫻井)と天才すぎる助手・美神アンナ(広瀬)が、超難解な事件を次々解決! 天才的ヒラメキを誇るが無鉄砲なアンナと、ポンコツだが人望に厚い風真が、お互いを助け合いながら、難事件に挑んでいく。

暴露系動画配信職人“タジミン”こと多治見一善(柿澤勇人)が依頼にやってきた。世間では、タジミンと若手人気女優の久遠光莉(優希美青)が車内で覚醒剤を使用している動画が流出して大騒ぎとなっていたが、タジミン曰く、これはフェイク動画だという。

2人は、以前にニュース番組のコメンテーターをしていた。同番組には、ジャーナリストの神田凪沙(真木よう子)も出演。そこで凪沙がニュースをでっち上げていたことが発覚。タジミンと光莉は彼女に抗議し、番組も自主降板した。さらに、光莉は300万人のフォロワーがいるSNSでも彼女を断罪。そうした個人的な恨みもあって、光莉を拉致したのではないかという。

一行は光莉不在のドラマ撮影現場へ。すると、凪沙がスタジオに現れる。タジミンは彼女にカメラを向けて「光莉ちゃんの居場所を教えてください」と詰め寄っていく。そこにアンナが横入りし「どうして神田さんはウソの報道をしたんですか? 真実は1つしかないのに」と問うと、凪沙は「違う。真実は1人1つ」と告げてその場をあとにした。

事件の調査が続く中、光莉が拉致されている場所が特定できる動画が送られてきた。風真たちは現場に急行するが、光莉はすでに殺されていた。

解決編では大掛かりの仕掛けが。犯人は犯行を認めず人質もとられて絶体絶命。「詰めが甘いんだよ!」と煽られる。証拠は何もなく、このままでは未解決だ。風真はオーバー気味に「あ〜終わった。失敗した。もうこれで一巻の終わりだ!」と天を仰ぐ。そんな彼を見て絶句するアンナ。そこで風真が「光よ。我らを照らしたまえ!」と指を鳴らすと……。

ネット上では、そんな解決編について「予想外の展開だった」「風真さんのギャップが凄い」「今回の解決編めっちゃかっこいいじゃん」との声が。

また、光莉の行方を探している最中、タジミンのチャンネルに風真が出演する一幕も。彼が「タジミンの配信にいきなり登場。視聴者の皆さん調子はどうよ。探しています。光莉ちゃんの目撃情報。何かあればコメントどうぞ」とラップを披露したこともあり「嬉しすぎてニヤけたw」「幸せすぎる日曜日」との反応があった。

次回は5月23日に放送。凪沙が追っていた“臨床試験の不審死”報道をもみ消させたコンサル会社社長・烏丸(宇野祥平)の正体を探っていく。

PICK UP